かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

プロテイン

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今日は、広島に原爆が投下された日。今夜は息子と一緒に、戦争についてのTVを見る予定にしています。

 

「プロテイン」

昨日だったか?ニュースで「プロテイン市場が右肩上がりに拡大中」を目にしました。

へぇ~、プロテインって、何だか怪しいもの、だとか、ボディビルダーが飲むもの、だとか、そんなイメージが強いんだろうなと思っていましたが、そんなこともないようですね。

プロテインは、たんぱく質を補うためのサプリメントのことです。主に3種類あって、大豆が減量の「ソイ」と、乳成分から取り出した「ホエイ」と「カゼイン」。市販でよく見かけるのは「ソイ」と「ホエイ」ですね。

私も毎日「ホエイプロテイン」を飲んでいます。筋肉量増加を目的に。

因みに、よく誤解されていますが、プロテインを飲んだだけでは、筋肉ムキムキにはなりません!筋トレをする→筋肉が傷つく→プロテインでたんぱく質を補う→筋肉が修復される。しかも、以前よりも頑丈(大きく)になる。この一連の過程を繰り返すことで、筋肉は大きくなっていきます。ですので、そもそもトレーニングなしでプロテインを飲んでも、ムキムキにはなりません。

私の日記でも何回か書いたことがありますが、1日に必要なたんぱく質を、食事から補うのは至難の業なんです。体重60kgの人なら、毎日毎日豆腐4丁くらい食べないといけない計算になります・・・

そこで、プロテインで補おうというわけです。

また、プロテインをと摂ると、おなかの足しにもなるので、その分、炭水化物を減らしやすくなり、結果、ダイエットにも役立ちます。

当院のダイエットでもプロテインを摂っていただいてます。

たんぱく質は、筋肉だけでなく、骨、皮膚、髪の毛、内臓など、体のあらゆる組織の基となる栄養素ですので、不足することなく補いたいですね。

 

「何をしてもやせない」という方へ。

説明書通りに6日間。ダイエットしてみませんか?

「短期間ダイエット 無料相談」ご予約受付中。

「ダイエットの無料相談の予約」とお電話ください。

☎0792-45-3552

LINEからのお問合せ

無料相談は、オンラインでも可能です。ご希望の方は、その旨お伝えください。

 

公開日:

筋肉が硬くなるのは血行不良が原因か?

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

一気の真夏になりましたね。暑いです・・・暑い中、昨夜は録画していた「半沢直樹」を観ました。半沢さん、別の意味で熱い!!

 

「筋肉が硬くなるのは血行不良が原因か?」

肩こりをほぐすために血行を良くしましょう。足がしびれるのは、血液の流れが悪いからです。というようなことは、もう常識的に言われています。

が・・・

本当に筋肉が硬くなるのは、血行不良が原因なのでしょうか??

例えば慢性肩こりの場合、慢性的な血行不良が起こっているのでしょうか?血液は、酸素と栄養を運ぶ役割を担っています。極端な話ですが、血行不良が長期的に続けば、その部分が壊死してしまう可能性だってあります。そんなことが起こらないように、血流や血管は、自律神経によって、24時間365日調整されています。

筋肉が硬くなる。ということは、筋肉を動かしている「運動神経」が興奮している。ということです。運動神経は、自分の意思で動かせますが(例えば、首を回す場合、首の筋肉を動かす運動神経に脳から指令が伝わり、その結果、首が動きます)、意思以外に、「反射」によっても動きます。(つまずいた時に、とっさに手が動いたりするのが反射です)

肩や腰などの筋肉が硬くなる場合、この「反射」によるものが多いと思います。

では、なぜそんな反射が起こるのか?というお話はまた別の機会に。

反射により硬くなった筋肉を、やわらかくするのもまた「反射」を利用します。

反射には反射で、倍返しだ!・・・

硬くなった筋肉を「ゆらす」ことで、反射を起こし、筋肉を緩めることができます。

「ゆらす」方法は、あんまマッサージでも、鍼でも、場所によってはストレッチでも可能です。

これらによって、硬くなった筋肉を緩めることで、痛みやコリ感の軽減・解消となります。

筋肉が硬い=血行不良 ではないんですよ~。

 

長引く腰痛や肩こりに。はりきゅう治療

「治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

公開日:

筋肉・筋膜に原因

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田です。

梅雨が明けたら、やっぱり・・・もう猛暑ですね。明日は、自宅プールで子供たちと遊ぶ予定です。←って書いたら、自宅に豪華なプールがあるような感じになりましたが、小さなビニールプールです 笑

 

「良くなったんだけど」

昨日来院された患者さん。その数日前に「腰痛治療」で来院されていました。座っていて、立つときに腰に痛みがある。立ってしまえば歩ける。という症状でした。

こういう症状の場合、筋肉や筋膜(筋肉を覆っている薄い膜)に痛みの原因がある場合が多いです。筋肉や筋膜がうまく動かないことで痛みがでているんですね。

と、いうことで、腰やお尻の筋肉の治療を行いました。(根本的な治療として、おなかの治療も行いました)

そして、昨日のご来院。「治療してもらってから調子が良かったけど、また痛みがでてきた」ということでした。治療後調子が良かったということは、治療理論や、治療ポイントに間違いはないかと思います。何回か治療をすれば、痛みは消失するかと思います。ということをお伝えし、2回目の治療を終了。

鍼治療は頻繁にしてはいけない。とか、○日間は治療間隔をあけたほうが良い。というようなことを時々耳にしますが、それは都市伝説です 笑 痛みが強い時や、症状が強い時は、治療間隔を詰めたほうが良いです。時々、「先生に申し訳ない」という患者さんがいらっしゃいますが、早く良くなっていただく方が私も嬉しいので、遠慮せず、症状がひどい時は来院してください。

それでは今日はこのあたりで失礼いたします。

今日も暑くなりそうですね、熱中症にお気を付けください。

 

「腰痛・お尻の痛み」に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552 

LINEからのご予約

公開日:

お盆間の診療・休診のご案内

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。​

昨日の夕方から、鍼灸専門学校での実技授業のお手伝いに行ってきました。20名ほどの学生さんが実技練習をするのですが、鍼を刺す方向や角度など、実技練習のサポートをする役割をしています。昨日、初級編を練習していた学生さんたちが、1本の鍼を打って、その部分の変化を確かめた時に「あっ、変わってる(変化している)!!!」というひらめいた瞬間がありました。この瞬間・感覚がすごく大事なんですね。触診して、鍼を打つポイントを決める。そこにどういう筋肉がどういう方向についているのかを考える。表面の筋肉なのか?深層の筋肉なのか?狙う筋肉を決めたら、鍼をどういう方向で、どういう角度で、どれくらい刺入かを決める。実際に鍼をする。刺入前後での変化を確認する。これをひたすら繰り返し練習していくことが大事なんですね。私はこの練習を3年行いました・・・長っ。めちゃくちゃ地味ですが、学生さんには、飽きずに、昨日のひらめきのような感動を味わっていただけるように、これからもサポートさせていただく予定です。

 

「お盆診療・休診のご案内」

8月8日(土)通常通り診療(17時までです)

8月9日(日)・10日(山の日)休診​

8月11日(火)通常通り診療

8月12日(水)通常通り診療(午前午後ともに診療)

8月13日(木)~8月16日​(日)休診

8月17日(月)~通常通り診療​

お盆間は上記の予定です。

お間違えないよう、おねがい致します。

暑い夏が始まりますが、元気にお過ごしください!

 

ひどい慢性肩こりを週1回のぺーすでほぐしませんか?

あんまマッサージ60分 ¥4300 → 1か月最高4回で¥11000(税込)

「あんまの予約」とお電話ください。

☎079-245-3552 かずひら鍼灸院

LINEからのご予約

公開日:

やせるコツはこれだった!?

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今日は娘の4歳の誕生日。どんどん口が達者になっていますが、誕生日プレゼントに買ってもらった「光るパジャマ」を嬉しそうに着ている姿を見ると、まだまだ幼いなぁと思います。

 

「やせるコツはこれだった!?」

3週間ほど前から、ダイエットを始められた患者さんのお話です。今まで色々なダイエットを試してみたけど、思うような結果にならず・・・この度の自粛生活中に体重が増えてしまった。ということで、当院のダイエットを始められました。

当院のダイエットは、短期間ダイエットです。まず、初めの5~6日間で3~4㎏ほど減量してしまいます。というのが特徴なんですが、先ほどの患者さんは、そんなに急激に減量しなくてもいいということで、ちょっとプログラムを変更し、緩やかな減量を目指すことにしました。

今のところ、狙い通り、徐々に体重・体脂肪が減ってきています。ご本人も「ちょっとずつ減ってます」と言いながら、日頃の食事の事や間食についてお話ししてくださいます。

当院のダイエットにはいくつかの重要なポイントがありますが、その1つは「糖質制限」です。体内に貯えられた糖質が不足してくると、脂肪を分解し、エネルギーが作られます。なので、体脂肪を減らすためには、意図的に糖質不足の状態を作り出す必要があります。特に、体脂肪が多い人の場合、この糖質制限をどれくらい厳密に行うか?で減量スピードが変わります。

因みにですが、糖質制限をすると、筋肉量が減ってしまうからダメだ。ということも言われますが、そもそも、減量をする際は、ある程度筋肉量は減ります。これはもう仕方がないことなんです。そういう体の仕組みなんです。

目に見えて、体重や体脂肪が減っていくダイエットは・・・楽しいですよ!

 

「ダイエット無料相談」ご予約受付中。

お悩みを聞かせていただいた後、カンタンにダイエットの説明をいたします。お時間は30分ほどいただいています。

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

オンラインでの無料相談の承ります。お電話・LINEからその旨お伝えくださいませ。

 

公開日:

エグい・・・頭痛

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

連休も終わり、梅雨明けも目前ですね。私は連休間、自宅で花火をしました。

 

もうすぐ4歳の娘も怖がりながら花火をしていました!

夏先取りでした!!

 

「群発頭痛」

今日のお話は、思いっきり私事です。頭痛のお話しですが、こんな鍼をしたら、こんなに良くなりました!っていう結末だと良いのですが、残念ながら、そううまくはいっておりません。まぁ、こんな頭痛もありますよというご紹介程度に。

私、先週金曜日に、お酒を飲んだんです。もともと、お酒にあまり強くない私ですが、以前は、自宅でも時々飲んでいました。それが、何となく、昨年秋ごろから、全く飲まなくなり、今年に入ってからは、お正月に1回、2月に1回、記憶ではその2回だけです。そんな私が、先週金曜日に久しぶりにお酒を飲んだ・・・

次の日・・・頭が痛い・・・まぁ、久しぶりだったからかなぁ。くらいに思っていたんですが・・・その次の日も頭痛。しかも、痛み方が、ただの頭痛じゃないんです。感覚的には、後頭部が痛い。そして、痛い時と痛くない時のはっきりとした波がある。痛み方は、ズキズキなんて程度じゃなくて、血管が切れそうな?脈拍に伴ったような痛み?耳の奥で脈拍の「ザックザック」という音が聞こえる・・・とにかく痛いんです。

実は、この症状は初めてではなく、もう10年以上前に、3回、ビールを飲んだ後になったことがあります。(その他のお酒で起こったことはありません)3回目の時に、病院へ行ったら、たぶん、ビールの成分の何かに反応して、血管が拡張して痛みが起こっているんでしょう。ということでしたので、それからはビールは全く飲まなくなりました。ただ、過去3回は、1日~2日で頭痛は完治していたんです。

そして、今回・・・痛み具合はかなり軽減していますが、今朝もまだ頭痛が続いています。この9日間ほどは、痛み止めが手放せなかったんですが、昨日くらいからは、朝に痛み止めを飲むと、それ以降は頭痛を感じないまでに回復しています。

今回のこの頭痛、一体何なのか??

頭痛にも色々な種類がありますが、今回の頭痛の特徴が最も近いのは「群発頭痛」かと思います。

数カ月から数年に一度、一定期間ほぼ毎日頭痛が起こるもので、特に夜間に痛むことが多く、男性に多い症状で、きっかけは飲酒が多い。

う~ん、当てはまっているものが多い。

群発頭痛は、内頚動脈の拡張と周囲の炎症が原因?と言われていますが、その詳細はわかっていません。

筋緊張型の頭痛とか、片頭痛との違いは、痛み方がエグい。毎日痛む。といった特徴で区別できるかと思います。

いやぁ~、かなり軽減しているので、「こんな経験しました」というお話で済みそうですが、できれば今後経験したくない頭痛です。

と、いうわけで、怖いから今後お酒は飲みません!!

 

 

公開日:

1時間運動するなら

こんばんわ。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

いや~、今日は暑かったですね。とか言いながら、ずっとエアコンが効いた部屋に居たんですが・・・昨日、息子のサッカーの練習で、私も2時間ほどグラウンドに居たんですが、それだけでかなり日焼けし、今日も体が火照っておりました。

 

「1時間歩いているのですが・・・」

今日、患者さんから質問をいただきました。毎日1時間ほど歩いているけど、それって歩きすぎ??と。

1時間が長いか短いかは、体の状態にもよりますので人それぞれですが、私は、1時間単調な同じ運動(例えば歩くとか、自転車をこぐ等)をするのであれば、30分ずつ2つの運動をして、合計1時間にした方がよいと思います。

そのメリットは・・・

①運動を変えることで、色々な筋肉を使うことができる。言い方を変えると、特定筋肉にのみ過剰な負担がかかることを防げる。

②飽きにくい

特に①が重要ですね。ウォーキングやスイミングやエアロバイク等、有酸素運動と呼ばれる運動は、酸素を取り入れながらののんびりとした運動で、筋肉への負荷もそれほど大きくはないですが、それでも、毎日毎日同じ運動を続けると、筋肉を傷めてしまう原因となる場合もあります。そこで、運動の種類をかえることで、特定筋肉にのみ負荷がかかることを防止するんです。

余談ですが、ダイエットのための有酸素運動は、20分程度でよいという理論もあります。1時間とか2時間行うと、しかもそれを継続して行っていると、エネルギー消費を抑えながら体を動かせるようになってしまうため、結果、脂肪が燃えにくい体になってしまう。という理論もあります。

健康のために運動されている方も多いと思いますが、運動・食事・休養のバランスをとりながら、ケガなく行ってくださいね。

PS 昨夜、腹筋ローラーをした私。本日、腹筋が・・・筋肉痛すぎて・・・笑うのにも一苦労・・・

 

「ひざの痛み」には「はりきゅう治療」

頻繁に水がたまる方にもおすすめです。

「はり治療の予約」とお電話ください。

電話 079-245-3552 かずひら鍼灸院

LINEからのご予約

公開日:

自律神経反射を考える

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日は早朝ランニング&スクワット。私、毎日部位を変えながら自宅筋トレをしているので、それを知っている友人からは「筋トレ好き」だと思われているようですが、実は筋トレは嫌いです 笑 だって、しんどいんだもん・・・

 

「自律神経反射を考える」

昨日は、鍼灸「反応点治療講習会」の日でした。私はスタッフとして参加していますが、治療理論の整理の時間として非常に貴重な時間だと感じています。

 

反応点治療では、触診を重要視します。体に触れて、「何か変な感覚がある部分」を探し出し、そこに鍼やお灸をしてその変化を確認します。この「何か変な感覚がある部分」というのが、難しくもあり、面白い。実は、これは、内臓や筋肉の病変が、自律神経反射を介して皮膚に現れたものなんです。

自律神経というと、内臓の働きを調整していたり、気持や気分を左右する働きがあったり、そんなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、内臓と皮膚、内臓と筋肉をつなぎ、体内部の状態を体表面に反映する役割も担っているんですね。

と、いうことは・・・

その逆に、体表面に鍼やお灸をすれば、内臓に影響を与えることができる。鍼灸治療で便秘を治療したり、花粉症を治療したりできるのは、自律神経の反射を利用しているからなんです。

そういえば・・・昨日の講習会は、密を避けるため、同じ会場内でも場所を分けて講義をzoom配信していました。もうこの形が標準になっていくんでしょうね!!

 

 

「原因がよくよくわからないけど、なんとなく体がしんどい日が続く」そんなときは鍼灸治療

「はりきゅう治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約していただけます。

 

 

公開日:

プロテインをおすすめします

こんにちは。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、治療室のエアコンが新しくなりました。ウイルスやPM2.5などを集じんしてくれる機能がついています。まだまだコロナに負けるな!ですね。

 

「プロテインをおすすめします」

この日記でも幾度となく、「たんぱく質」を必要量補うことの重要性についてお伝えしてきたので、何だかたんぱく質マニアのようになってきましたが・・・

間違ったダイエット(筋肉量が減ることで、体重が減るようなダイエット)をしないためにも、たんぱく質の重要性は知っておいたほうがよいかと思います。

たんぱく質とは、筋肉や骨、髪の毛、皮膚など、体のあらゆる組織をつくる基となる栄養素です。ですので、ダイエット中でも、必要量はしっかりと補っていただく必要があります。

しかし!たんぱく質を必要量補うことって、なかなか難しいんです。体重1㎏当たり2g必要な場合、体重60kgの人でたんぱく質120g/日、必要なわけです。これを食事から摂ろうとすると、肉、魚、大豆、卵をかなりの量食べることになります。するとどうなるか?今度はカロリーオーバーになります。ダイエット中の方なら、きれいにやせるためにたんぱく質を意識して摂った結果、カロリーオーバーが続き体重アップ!なんて本末転倒になる可能性が高い。

そこで、私がおすすめしているのが「プロテイン」です。

低カロリー、低糖質で、たんぱく質を補うことができます。

最近のプロテインは美味しい物が多く、水にもよく溶けるので、飲むときの苦痛も少ないです。

「プロテインって、肝臓とか腎臓に害がある」そんな情報もありますが、それは過剰摂取が続いた場合、もしくは、すでに腎臓や肝臓に異常がみられる方の場合です。因みに、1日1回や2回プロテインを摂ったとしても、食事と合わせても1日のたんぱく質必要量を摂れるかどうか?くらいですので、過剰摂取には程遠いです。

ダイエット中の方は、カロリー摂取制限をしている方が多いと思います。カロリー摂取制限をすると、どうしてもたんぱく質補給量も減ります。それが続くと、筋肉量が極端に減ってしまう場合もあります。そんな時はプロテインでたんぱく質を補うことをおすすめいたします。

ダイエット中じゃない方も、日頃たんぱく不足の方が多いと思いますので、プロテインを摂るのもいいと思います。

もちろん、普段の食事でも、高たんぱくを意識してみてくださいね!

 

「何をしてもやせない」とお悩みのかたへ。

生理学に基づいたダイエット。短期間で3~5kg減。

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552 かずひら

LINEからのお問合せ

 

公開日:

九州豪雨

こんにちは。かずひら鍼灸院の吉田和平です。

今日も雨、明日も雨、明後日も雨予報・・・梅雨とはいえ、雨ばかりですね。

雨ばかりと言えば・・・九州が大変なことになっています。恭子先生(妻)の実家は大分県日田市にあり、患者さんや知り合いの方からも「実家大丈夫?」と声をかけていただいております。ご心配ありがとうございます。

実家近所の写真だそうですが、今のところ実家は大丈夫とのことです。この画像を見る限り、大丈夫ではなさそうなんですが、義母曰はく、大丈夫だそうです。

大丈夫と聞いて、一安心したものの、この画像を見ると、言葉がでてきません。

何とか無事過ぎ去りますように。

公開日:

1 2 3