かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

GW診療・休診のお知らせ

こんばんわ。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今日は、昼休みに、坂ランニングをしていました。息が上がりすぎて倒れるかと思いました 笑 コロナウィルス感染症の予防は大事ですが、「自粛による健康二次被害」も懸念されています。思うように外出ができないことでネガティブな感情になる、運動機会が減り、体力が低下してしまう。などなど、そうならないために、適度に運動することも大事というわけですね。適度にですね!!

「GW診療・休診のお知らせです」

あっという間にゴールデンウィークが近づいてきました。

当院は・・・

4月29日(休診)

4月30日・5月1日(診療)

5月2日~5日(休診)

とさせていただきます。

4月30日・5月1日は混み合う可能性がございますので、お早目のご予約をお願いいたします。

ご予約は☎079-245-3552

LINE

朝晩気温差が大きいですので、風邪ひかれませんように。

 

 

 

 

公開日:

坐骨神経痛で重点的に治療すべき部分は腰?脚?それとも・・・

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

またまたまたまた、週末の雨ですね。息子が「サッカーの練習が中止になった」と凹んでいます。と思いきや、早速撮りだめしているTVを観始めました。なんと切り替えが早いヤツ・・・笑

 

「坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の治療で大事なこと」

坐骨神経痛と脊柱管狭窄症は違うものですが、その症状は、似ている部分もあります。腰よりもお尻や太もも、場合によってはふくらはぎなどにしびれ・つっぱり・痛みを感じます。ひどい方だと、例えば「食事の準備のため台所に立っていると、2~3分ほどすれば、太ももが痛くて痛くて我慢できなくなる」とか「買い物に行ってもお尻から脚の痛みがでてきてスーパーマーケットをぐるっと1周できない」などなど、かなり日常生活に支障をきたします。

手術をする。という手段もありますが(最近は圧倒的に保存療法=手術をせず改善する方法が多いですが)「そんなの怖い・・・できれば手術したくない」という方に、今日の日記を読んでいただきたいです!

坐骨神経痛や脊柱管狭窄症は、腰に原因があると考えられています。しかし、症状は脚やお尻の痛みである場合が多い。私たちはりきゅう師の中でも、「腰を重点的に治療するのか」それとも「お尻や脚を重点的に治療するのか」は分かれるところかと思います。

私は、完全に後者、お尻や脚など、実際に痛みやしびれがでている部分の治療が大事だと考えています。

しかし、それ以上に大事な治療部分があります。それは「おなか」です。

お尻や脚のしびれ・痛みは、腰ではなく、お尻・脚の筋肉に問題があると私は考えています。現に、痛みがでている部分の筋肉を治療すると、症状は改善していく場合が多い。

では、なぜ、お尻や脚の筋肉に問題が起こるのか?それは、歩きすぎたとか、仕事の負担が・・・とか、いろいろな物理的負担もあると思いますが、もう1つ大事な原因があります。それが、おなかにある内臓の不具合です。

膀胱や前立腺、子宮、大腸、小腸などなど、おなかには多くの内臓がありますが、それらにちょっとした不調(病気というほどのものでなくても/自覚症状がない程度の不調でも)があると、自律神経を介した反射が起こり、腰・お尻・脚の筋肉が硬くなる、それが痛みの原因となります。これ、整形外科のお医者さんだと「そんなことありえない」と言われそうですが、生理学の本にはこの反射回路がしっかりと記載されています。たぶん、生理学の基礎の本には必ず記載されているはずです。

ですので、坐骨神経痛・脊柱管狭窄症の治療で、腰やお尻・脚の治療以上に私が着目するのが「おなか」なんです。

先月、治療を終了した患者さんは、1回の治療が40分ほどでしたが、そのうち25分~30分ほどをおなかの治療に費やしました。「脚が痛いのにおなかなんですね」とおっしゃっていましたが、おなか治療の重要性を何回かお話させていただき、その治療を続けた結果、1か月で脚の痛みはゼロになりました。

坐骨神経痛・脊柱管狭窄症でお困りの方は多いと思います。こんな治療もあるのか・・・と知っていただけると嬉しいです。

 

「坐骨神経痛・脊柱管狭窄症」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

 

公開日:

楽してやせる方法・・・

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨夜、仕事を終えてから、リラックスを求めてランニングをしました。珍しく息子(小6)が「俺も行くっ!」とついてきました。暇だったんでしょうね 笑 ランニング中、ず~っと息子がしゃべっていて、おかげであっという間に6㎞ほど走れました。たまには親子ランニングもいいですね!

 

「久しぶりに」

久しぶりに、今日はダイエットのことを書きます。

先日、知人女性の方から「吉田さん、ちょっと聞きたいことあるんですけど・・・楽してやせるにはどうしたらいい??」という無茶ぶりをいただきまして・・・笑

楽してやせる・・・はっきり言って、そんな魔法のような方法はありませんが、でも、ダイエットには確かに「コツ」はあります。歯をくいしばるような我慢と努力は必ずしも必要ではないかもしれません。

先ほどの方と色々お話をしていると、朝ごはんは食べたくないけど、食べないと元気が出ない気がして無理して食べている。と、気になるお話がありました。

楽してやせる方法の1つとして、私は朝ごはんを食べないことをおススメしています。

前日の夕食を19時に食べたて、次の日の朝ごはんを6時に食べるとすると、その間は11時間。朝ごはんを食べず、お昼ごはんを12時に食べるとすると、前日夕食を食べてから何も食べない時間は17時間となります。17時間何も食べないと、体の中に蓄えられている「糖質」は枯渇した状態になります。糖質は体を動かすエネルギー源ですので、なくなると困る!そこで、糖質がなくなった体は、脂肪を分解し、ケトン体という物質を作り出します。このケトン体がエネルギー源として体を動かすことができるんですね。

朝ごはんを食べないだけで、脂肪燃焼効果があるんです。

夕食を抜くとか、栄養を考えて食事を作るなどに比べて、朝ごはんを食べないということは、比較的カンタンで楽かと思います。

朝ごはんを食べないと元気がでない。と思われる気持ちもわかりますが、実は朝ごはんを食べなくても通常通り体は動きます。

先ほどの女性にこのお話をすると「えぇ~、朝ごはん無理して食べてたのに・・・明日から朝ごはん食べずに過ごしてみます。今度会ったとき私やせてるかも 笑笑」とおっしゃっていました。朝ごはんを食べずに過ごすことで、急激に劇的にやせることはありませんが、1か月1~2㎏くらいなら減らせると思いますので、それを積み重ねていただければと思います。

ダイエットに関するご質問もお待ちしております。LINEからどうぞ~。

←LINEのQRコードです。ID @huc6048b

公開日:

LINEのQRコードに関しましてのお詫びと訂正

いつも、かずひら鍼灸院ホームページをご覧くださりありがとうございます。

ブログ(かずひら日記)の最後に、お問合せ先といたしましてLINEのQRコードを添付しておりますが、このQRコードが読み取れない、もしくは、読み取りに時間がかかることが本日判明いたしました。

私がQRコードの大きさ調整をするため、トリミング(切り取り)を行い、その際、誤ってQRコード下部を切り取ってしまったことが原因と考えられます。読み取れないQRコードを毎回日記の最後に添付してしまっておりました。

QRコードからご予約やお問合せをしようとしてくださった方々、本当に申し訳ございませんでした。

読み取りしていただけるQRコードはこちらです。

IDは、以前のままです。ID @huc6048b

ご予約や、ご予約の変更、ご自身のお体のご相談や、「家族がこんな症状で困っているんだけど、何か改善方法はないか?」など、お問合せいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

かずひら鍼灸院 院長 吉田和平 2021/4/15

公開日:

坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、たまたま通りがかったお店で、思わず不織布マスクを買ってしまいました。なんと50枚210円(税込)。

安っ!!1年ほど前は50枚3000円ほどに高騰していたのがウソのようですね。今や必需品となったマスクが安価で買えるのはほんと有難いことだと思いました。

 

「足がつっぱってきて痛くて歩けない」

先日、この日記でご紹介したような気もしますが・・・再度書きますね。

先日、足がつっぱって歩けない(歩きにくい)という患者さんが来院されました。以前よりひざが悪く、いろいろな病院や接骨院に通われているとのことでしたが、私の所見では、今回の足の痛みは、ひざではなく、お尻から太もも裏の筋肉が硬くなっていることが原因だと判断し、その治療を行いました。

1回目の治療を終え、その患者さんが帰られた後、私は外の空気を吸いたくて、院外に出たら、ちょうど歩いて帰られる患者さんの姿が見えたんです。足は少し引きづるような感じでしたが、立ち止まることはなく、まずまず歩けているように思えました。

そして、2回目の治療に来られた際、具合をうかがうと、「もともとのひざの痛みはあるけど、お尻から太ももにかけてのつっぱるような痛みはなくなった」とのことでした。痛みがなくなり歩けるようになって嬉しいと。

初回治療の時、これは数回、長くても1か月あれば改善できる症状かなぁと感じましたが、まさか1回の治療でここまで改善されるとは私も予想外でしたが、とにかく治ってよかった。

上記の患者さんの場合、おそらく「坐骨神経痛」とか「脊柱管狭窄症」と診断される場合が多いと思います。神経圧迫や血管圧迫が原因で足やお尻が痛くなると考えられていますが、筋肉の状態により痛みの具合は大きく変わります。必ずしも神経や血管の圧迫が原因ではありません。(と、私は考えています)

坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状が、はりきゅう治療で改善した例はたくさんあります。手術回避できた例も多くあります。

しびれて痛くて歩けない。買い物に行ってもスーパーをぐるっと1周歩けない。そんな症状でお困りの方は、はりきゅう治療を試してみてください。きっと改善すると思います。

 

「坐骨神経痛・脊柱管狭窄症」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのお問合せも承ります。ID @huc6048b

 

公開日:

ギックリ腰って、腰で何が起きているのか?

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日ので出来事なんですが、人と会って、初対面だったので名刺交換をさせていただき、しばらく談笑していて、ふと、「この人、どこかで会ったことがあるような気が・・・」と思い始めたんです。名刺を眺めながら、う~ん、どこでお会いしたんだろうと考えていて、はっと気づきました。高校の先輩や!一学年上のサッカー部の先輩や!!パイセンや!!!髪型変わってないやん 笑 ということで、「〇〇さんって、もしかして姫路出身ですか?」とたずねると、「そうですよ~」という返事が。これはもう間違いない。「もしかして、〇〇さんですか?(当時のニックネーム)」とたずねると「やっぱりかずひらやんな??」という返事が。いや~、懐かしい再会でした。世間は狭いですね~。

 

「ギックリ腰って、つまりはどういう状態なんですか?」

これまた昨日のお話しなんですが、知人の方から「ギックリ腰って、腰で何が起きているんですか?」という質問をいただきました。その方は何度かギックリ腰の経験があるとのことで、あれはもう痛すぎて全気力を奪われる 笑 な~んておっしゃってました。

ギックリ腰は病名でいうと「腰椎関節ねんざ」となります。腰の骨は5つありますが、その1つ1つが関節を作っていて、それがねんざを起こした状態ということですね。しかし、足首のねんざをイメージしていただくとわかりやすいかと思いますが、足首ねんざの場合、腫れたり、熱感があったり、内出血したりしますが、ギックリ腰の場合は、腰が腫れることもないし、熱感もないし、内出血も起こりません。腰椎関節ねんざという名前はついていますが、足首ねんざと比べると、症状はずいぶんと違います。

ギックリ腰は、関節ねんざではなく、腰の筋肉や筋肉を覆っている筋膜に問題がある場合が大半だと私は考えています。筋肉や筋膜には痛みを感じとるセンサーが無数にあり、それが反応することで、耐えがたい痛みがでる。そう考えています。(逆に言うと、骨には痛みを感じとるセンサーがほぼないので、腰椎がねんざを起こしたとしても、それほど痛みはでないはずです)

ですので、ギックリ腰の治療で、対象とするのは筋肉です。はり治療では筋肉の状態をよくすることを行います。それが痛みの軽減、解消になります。

と、そんなお話を知人の方にしたら、「へぇ~、骨がずれたり、筋肉が切れたりはしてないんですね」という感想をいただきました。そうなんです、ギックリ腰は骨の異常や筋断裂はありません。ですので、レントゲンでもこれといった以上はない場合が大半です。

ギックリ腰は痛みが強いので、「腰が相当悪くなってしまっているんじゃないか?」と心配されるかたもいらっしゃるかもしれませんが、筋肉の状態をよくすれば治りますし、予防もできますよ。

因みに、下痢や便秘など、大腸の異常でギックリ腰は起こしやすくなりますので、お気を付けくださいね。

それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

 

「ギックリ腰」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

公開日:

たんぱく質60gとは

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症など、脚の痛み・腰の痛み治療「かずひら鍼灸院」吉田和平です。

先日気づいたのですが、私が履いているサッカーシューズが破れていました・・・人差し指がズボッとはいるくらいの穴があいていました。日曜日に近所の少年サッカーチームの練習で履くだけなので、2年くらい履き続けていたんですが、いよいよ潮時・・・で、新しいサッカーシューズをお店で何足か試着してみたんですが、とにかく靴が細いのか?足が平たいのか?足にあわない!私はプーマ派なんですが、プーマのサッカーシューズが入らない!と、いうわけで、ミズノにしようか?アディダスにしようか?それ以外にしようか?と日々悩んでいます。昔に比べて、サッカーシューズって細くなったのかな??

 

「たんぱく質のお話し」

先日、患者さんとの世間話で、たんぱく質の話題になりました。私が「たんぱく質は、一般の方で、1日に体重1㎏あたり1.2gは必要なんですよ。50㎏の人なら1日60g必要なんです」とお伝えすると、患者さんが「それくらいの量だったら私摂れてると思います」というお返事が返ってきました。

たんぱく質が必要量摂れている方って、意外と少ないんです。ですので、患者さんの意外な答えにちょっと驚いて「摂れてるんですか!?」とたずねると「肉とか魚を1日60gですよね!?」という返事が返ってきました。

なるほど~!

実は、たんぱく質60gは、肉や魚を60g食べても摂れないんですね。例えば肉60gの内訳は、もちろんたんぱく質も含まれますが、それ以外に、脂質や糖質も含まれています。ですので、たんぱく質60g=肉60gとはならないんです。因みに豚肉や鶏肉だと、100g中23gほどがたんぱく質です。

そう考えると、たんぱく質を必要量補うことって、かなり意識しないと難しいんです。そして、たんぱく質を補うためにたくさん食べると、カロリーや糖質・脂質オーバーになり太る・・・という難しさもあります。その話はまた今度。

筋肉や骨を維持するためには、たんぱく質が必要ですので、体重50㎏の方であれば1日60gを目指して食べてみてください。

ダイエットのことでお悩みがございましたら、お気軽にご連絡ください。

LINEからもご質問いただけます。

 

 

公開日:

ジャイロセンサ

おはようございます。めまい・不眠・自律神経失調症など、自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

最近、無性に本が読みたくなって、特に何も考えず、手に取った本を買い、読んでみました。「他人を攻撃せずにはいられない人」という本で、精神科医が書いた本でした。(堅苦しい内容の本ではなかったので、私でも読めました 笑)攻撃する側の人間の心理と、攻撃される側の防御について書かれた本でしたが、読んでみての感想は・・・人(一人の人であっても)は、時として攻撃する側にもなるし、攻撃される側にもなるので、今、自分が攻撃してしまっているのか、攻撃されてしまっているのかを冷静に判断し対応する必要があるなぁ、と思いました。「目は万物を見ることができるが、唯一自分だけは見えない」とはこの本のワンフレーズですが、なるほどなぁ・・・

 

「ジャイロセンサ」

昨夜は鍼灸勉強会に参加していました。私もメンバーとなって取り組んでいる「ジャイロセンサを用いた重心動揺変化」について、仲間の先生が報告をされました。

ジャイロセンサとは、物体がどの方向にどれくらいの速度で動いたかを測る機器です。知ったように言っていますが、私、つい最近、この機器について教えていただきました。

スペースシャトルにも搭載されているそうですし、身近なところでは車や、ゲーム機にも搭載されているそうです。確かに、息子が夢中になっているSWITCHIというゲーム機は、コントローラーを傾けると、画面中の人物がその方角へ姿勢変換をします。この時にジャイロセンサが働いているんですね!

私たちは、このジャイロセンサを用いて、めまいの評価(めまいがどれくらい起きているのか?)をしたり、鍼灸治療での改善具合を「見える化」しようとしています。

こんなことを言うと、鍼灸師の先生方から怒られるかもしれませんが・・・めまいに限らず、腰痛や神経痛が鍼灸治療で治ったという報告は多数あります。インターネットで検索すると、そういったことを謳い文句にしている治療院が山ほどでてきます。患者さんが体験談としてブログに書かれている場合もあります。もちろん、私もブログに症例報告として紹介させていただきてます。

でも、ひねくれた見方をすると、「それ、本当に鍼灸治療で治ったの?その証拠は?」と聞かれると、明確に答えられない場合がほとんどだと思います。もちろん、これは西洋医学だって同じことで、例えば「薬を飲んだから良くなった」と思いがちですが、そこには、薬の効果の他に、患部に負担をかけないようにしたとか、気候の変化とか、色々な要素が加わるわけで、厳密に薬のみの効果かと言うと、そうではありません。ただ、薬の場合は、治験を行っているので、こういう症状の人がこの薬を飲めばこれぐらいの割合で効果がありましたよ、ということは実証済みなんですね。ちゃんとデータがあるわけなんです。

鍼灸治療は、このデータが乏しい・・・(と思います)

今回、めまいをテーマに、鍼灸治療の有効性をデータをもって実証してみよう。というのが今回の取り組みで、昨年から行っています。

少々話がそれましたが、今、ジャイロセンサを使えるようになったところです。ジャイロセンサを頭につけるのがいいのか?おなかがいいのか?足がいいのか?データ計測時の条件を一定にするためにはどうすればよいのか?などなど、まだまだ課題は山積みのように思います。でも、1年前と比べると確実に前進しています。

めまいは、様々な「自律神経反射」を引き起こします。ですので、めまいがあると、頭痛や吐き気・倦怠感・食欲不振・腹痛・パニック障害・などなど、色々な症状を引き起こします。そして、めまいは自覚しにくい症状ですので、「色々検査しても原因がわからないけど、とにかく体調が悪くて・・・」というような状況になってしまうことも多い。私は、めまいに対して鍼灸治療が有効だということを、確かなデータをもって証明したいですし、めまいが原因かもしれない症状の方に、安心して治療を受けていただきたいと思っています。

世の中には色々な病気・症状がありますけど、「原因がよくわからない」とか「これといった治療が確立されていない」という症状が、一番苦痛だし、日常生活にも支障がでるんじゃないかと思っています。そんな症状で困っている方が、鍼灸治療で「あぁ、ちょっと楽になってきた~」となっていただけることを目指して、まずはめまいに関して今後も取り組んでいきたいと思います。

 

 

「めまい」には「はりきゅう治療」

立ちくらみもめまいの一種ですよ。

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけいただけます。ID @huc6048b

 

公開日:

スロトレ

おはようございます。めまい・不眠・体のだるさなど自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

先日、プレゼントをいただきました。

「何に使うものなんですか?」とうかがうと、「使うものじゃなく観賞用ですよ 笑」というお返事が・・・ハーバリウムというらしいですね!知らなかった・・・ドレッシングかと思いました 笑

 

「スロトレ」

スロートレーニング、略してスロトレ。

筋力維持のためや強化のために、筋トレをされている方もいらっしゃると思います。「ほんのスクワット10回程度だから筋トレなんて言えない」という方も、それは立派な筋トレです!!

で、どうせやるなら、効率よく筋肉を鍛えたいものですよね。(同じしんどい思いをするなら、ちょっとでも効果を上げたい!と私は思います)

関節を動かすときよりも、重さに耐えるような動きの方が、筋肉への負荷は大きくなります。スクワットで例えると、①立った姿勢から徐々にひざを曲げ腰を落としていく。②腰を落とした姿勢から、徐々にひざを伸ばし、立った姿勢に戻る。この①と②の動きがありますが、②よりも①の腰を落としていく時の方が、太ももやお尻への負担が大きいんです。ですので、①の動きを4~5秒かけて行い、②の動きを2~3秒で行うというのが、筋肉を発達させるためには効率的です。

これはどんな筋トレにも共通していることで、腕立て伏せなら、肘を曲げるときに4~5秒、伸ばす時は2~3秒。腹筋なら上体を寝かせる時に4~5秒、起こすときに2~3秒。

ここの方法で行うと、今まで10回できていたのが6回しかできなくなってしまうかもしれません。でも、それでいいんです。回数ではなく、いかに筋肉に効率よく負荷をかけるかが重要ですので。

ぜひ試してみてください。

 

「めまい・ふらつき」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけます。ID @huc6048b

公開日:

工事中につきご迷惑おかけいたします

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日の雨で桜が散ってしまったんじゃないか?と思い、夕方小雨になった隙に桜並木をランニングしました。散ってはいましたが、まだきれいに咲いていましたね~。散った花びらで道路がピンクになっているのもきれいでした。

 

「お知らせが1つ」

当院、駐車場は院の目の前にございます。只今、その駐車場を含む場所で、フェンスを立てる工事が行われています。

それに伴い、道路沿いの院看板と駐車場案内を一時的に外しております。

ご来院の際、駐車はしていただけますが、工事状況により「こちらへ停めてください」とお願いすることがあると思います。(治療中に車の移動をおねがいすることはございません)ご迷惑をおかけいたします。ごめんなさい。今週半ばには工事終了予定です。

それでは、今週もお元気で、素敵な1週間となりますように。頑張りすぎず頑張りましょう。

 

「足が痛くて歩けない」そんな症状に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけます。ID @huc6048b

公開日:

Prev 1 2 3 4