かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

神経痛!?足の痛みが消失した例

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

台風10号も過ぎ去りましたね。恭子先生の実家が大分県なので、先週土曜日の夜に義母に電話してみたんですが、「養生テープがどこも売り切れで手に入らない」と言っていました。まだまだ台風の季節はこれから。我が家も防災グッズを見直したいと思います。

 

「治った!?」

先日から治療開始した患者さん。症状は、腰・お尻の痛みと、足の痛み。特に足の痛みが強く、ひざから下の前側(弁慶の泣き所あたり)の痛みが強く、夜中にトイレで目が覚めた時は、引きずるような格好でしか歩けない。とのことでした。

腰が痛くて、足も痛い。この場合、「坐骨神経痛」と診断される場合が多いように思います。しかし、全部が全部、坐骨神経痛ではありません(と思う)

上記の患者さんを診たところ、まずは、足の痛みがでている部分の筋肉の治療が必要だと考えました。

その筋肉は、「前脛骨筋」という筋肉で、つま先を挙げるときに働く筋肉です。

 

足の痛み=神経痛ではないこと。前脛骨筋を治療すれば、歩き出しの痛みが減る可能性があること。そのために行う治療。これらのことを患者さんにお話しし、治療開始。

患者さんは「アンタにお任せする!!」と・・・

そして、ほぼ間隔をあけずに4回の治療を行い、5回目の来院時、「足の痛みがとれた」とご報告をいただきました。

「たった4回ほどの治療で治るとは思わなかった!」と患者さんは喜ばれていましたが、正直、私ももうちょっと時間がかかるかな?と思っていましたが、治療の考え方、治療法に間違いはなかったと思います。

足の痛みが強かったため、長い時間の散歩は控えていただいていたんですが、これで散歩もしていただけますね。

あとは、お尻の痛みが消えたら完璧です。

神経痛でお困りの方、一度ご相談ください。

 

「神経痛」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

公開日:

はりきゅう治療の講習会

おはようございます。自律神経治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

皆さん、台風の影響はいかがですか?ここ姫路市は、風が強いですが、空は明るいです。雨も降っていません。暴風警報が発令されているので、息子は小学校が休み?自宅待機?なので、朝からボーっとしていました 笑 もうしばらくは突風や大雨への警戒が必要かもしれませんね。くれぐれもお気を付けください。

当院は、本日、通常通り診療しております。が・・・予約されていた方で、悪天候のため来院できないという場合は、遠慮なくご連絡ください。また、急遽仕事や予定が変更になり、来院できるという方も遠慮なくご連絡ください。

 

「昨日は・・・」

昨日は、はりきゅう「反応点治療」の関西講習会の日でした。私達が行っている反応点治療という治療法を、鍼灸師や鍼灸学生を対象にお伝えすることを行っています。

 

午前中は基礎理論の復習と、昨日は「めまい」をテーマにした治療理論の勉強。

 

午後は、習得レベル別に実技練習。

私は今はスタッフとして参加していますが、その鍼は、何を狙って(どの筋肉?もしくは皮膚?)打ったのか?角度や深度はそれでいいのか?鍼をして何か変化があったのか?それは狙い通りの変化なのか?そうでないとすれば何が原因で何を改善すればよいのか?そんなことをじっくり考えながら実技練習を行うと、これがなかなか難しいんです。頭が混乱します 笑 練習ですと1か所に鍼をするのに、30分かかることもあります。昨日の講習生の方も、「暑い暑い」と汗をかきながら練習されていました。とても内容の濃い練習だったのではないかと思います。

鍼って、やり方によって、効果も違うし、効率も違う。だからこそ、「どこにどんな鍼をするのか?」という理論が大事になると思います。

次回の講習会は11月。楽しみです。

 

「神経痛」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

 

公開日:

わかりやすくわかりやすく

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨夜、息子(小5)が算数のテストを見せてきました。

 

100点!おぉ~、すごいじゃないかぁ!と思っていたら、息子が「100の横にある8000って何?どういう意味?」と聞いてきたんです。

ん?んん?んんん?8000???これgoodやろっ!!!

やっぱりまだまだ小学5年生でした 笑

 

「わかりやすい説明」

先日、あんまマッサージで通院されている患者さんから「先生の説明は丁寧でわかりやすい」と褒めていただきました。

(あんまマッサージ師の北村先生のことを褒めていただきました)

嬉しかったです。施術の技術を褒められるのと同じくらい嬉しかったです。

今日行った施術・治療の説明がしっかりと、誰が聞いてもわかりやすくできるということはとても大事だと考えています。逆に、その説明ができない、もしくは、「自律神経のバランスを整えました」とか「血流が良くなったから筋肉がほぐれました」などの、曖昧な言葉による説明しかできないのであれば、その施術の価値は半減どころか、無いに等しいと思っています。

当院では、初診の患者さんには以下のような流れで治療を行っています。(継続して治療されている方には、必要な箇所のみ行っています)

①問診

 どういう症状なのか?どんな動きで痛むのか?日常生活での支障は何か?などをうかがっています。

 それによって、痛みやしびれの原因となっている部分を予想します。

②動作確認

 実際に痛みがある部分を無理のない程度で動かしてみて、痛みの原因を詳しくみます。

 痛みに間接的にかかわる部分も確認します。

③痛みの原因として考えられることを患者さんにご説明

④施術・治療

⑤本日行った施術・治療の説明

 あわせて日常生活での注意点などをお伝えいたします。

患者さんご自身に、体の状態や症状の原因などを知っていただき、少しでも安心感や希望をもって治療にのぞんでいただけたらいいかなと思います。

それでは今日はこのあたりで失礼いたします。

台風に備え、飛んでしまいそうなものを片付けておこうっと。

 

「腰や肩のだるさ」には「あんまマッサージ」

「あんまの予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのお問合せ

公開日:

減量と増量

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

ここ姫路は、昨日は久しぶりの雨。昨日の昼間に外出していたんですが、車で目的地に着いたとたんに、大粒の雨が・・・運悪く車に傘も積んでいませんでした。しょうがないかぁと思い、車を降りて小走りに建物内へ。それでもかなり濡れてしまいました。そんな私を見て、建物玄関で足止めをくらっっていたであろうおじさんが「大丈夫?笑 急に降ってきたもんなぁ」と話しかけてくれました。その一言に、何だかホッとしました。

「豆腐」

この2カ月ほど、筋肉を大きくするために、増量期としていた私。とにかく食べてました。体重も約60kgから64kgくらいになり、筋肉量も増え、同時に体脂肪も増えました。(筋肉量を増やすためには食べることが大事で、食べた結果、ある程度体脂肪が増えます)

本来なら、あと2㎏ほど体重増加させたいところなんですが、何となく、ほんと何となくですが、このままいくと、減量のやり方を忘れてしまいそう 笑 なので、一昨日から減量することにしたんです。目標は-2㎏。

目標体重はあくまでも目安で、可能な限り筋肉量を減らさず、体脂肪を落とすことが目標です。そのため、今回は、ある程度糖質も摂りながら、高たんぱく低脂質を目指したいと考えています。

私がた高たんぱくを目指すときに、頼るのが豆腐です。

そのまま食べてもいいし、どんな料理にも使えるので、飽きない。味噌汁に豆腐が入っているのか?豆腐に味噌汁がかかっているのか?わからないくらい、味噌汁で豆腐を食べます 笑

糖質を減らして、たんぱく質を多くとる。これは、一般の方のダイエットの鉄則かと思います。

私自身が「減量」「増量」を体験することで、そのコツ(特に減量)を患者さんにお伝えできればと思います。

それでは、本日の治療準備をしてきます。

台風10号が接近中ですね。九州が心配です。被害がでませんように!!!!

 

リバウンド防止も自分でできてしまう。

短期間ダイエット「無料相談」ご予約受付中。

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのお問合せ

 

 

公開日:

糖質制限?脂質制限?どっちがいい?

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今日は、早速本題へ。

「糖質制限か、脂質制限か」

ダイエットをする上で欠かせないのが食事改善。というお話を昨日ブログに書きました(書いたような気が・・・)

「改善」なので、何を減らすかということも大事ですが、何を増やすかも大事なことですね。

で、今日は「何を減らすのか」というお話です。

最近は、糖質制限という方法が人気?広く認知されていますが、その一方で、脂質制限という方法もあります。

糖質(パンや米、麺類と思ってください)は、日頃摂りすぎの人が多いので、それを減らすのは減量するには効果的です。

そして、主食を減らせばいいだけですので、わかりやすくかんたんにできます。

脂質は1gで約9Kcalのカロリーがありますので、脂質制限=カロリー制限をしやすい というメリットがあります。

結局、どちらがいいのか???その答えは・・・

どちらも行う。どちらも効果的。

私は、まず糖質制限にて減量を進める計画をたてます。ほぼすべての方が糖質制限である程度減量できます。私も糖質制限で17日で6kgほど減量できました。ただ、糖質制限を続けていると、あるところで減量がストップします。体が糖質制限に慣れてくるからです。

そこで!脂質制限に切り替える。(糖質をある程度摂る)

これがううまくできれば、また減量し始めます。

ご飯やパンが大好きで、たぶん日頃からそれらを含めた糖質を多く摂っていて、体重や体脂肪が正常値以上で、何とかしてやせたい!とお考えの方は、まずは糖質を制限することをおすすめいたします。

 

ダイエット無料相談ご予約受付中。

「ダイエットの無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのお問合せ

 

公開日:

私が思う、食事管理

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

イイ感じのコップ!と思って買ったんですが・・・

 

実は、麺つゆなどを入れる器だそうです 笑 まぁ、お茶とか水も飲めるからいいか!まだまだ暑いですけど、それでも私の中でアイスコーヒーの時期はもうすぐ終わりです。

 

「私が思う、ダイエットサポート」

当院は、はりきゅう治療やあんまマッサージの他に、ダイエットのお手伝いもしています。やせるって、ひざや腰への負担も減らせるし、血糖値も下げられるし、血圧にもいい影響もあるし、極端にやせすぎない限り、健康になれます。

ダイエットの際に、絶対欠かせないのは「食事管理」です。私の理論では、運動はなくてもやせられるけど、食事管理無くしては難しいです。逆に言うと、食事管理さえしてしまえば、やせることはそれほど難しくないです。

と言うと、「その食事管理が難しいねん!」と突っ込まれるかもしれません・・・

食事管理=あれは食べてはダメ、これは食べてはダメという難しく面倒くさいもの。というイメージはありませんか?

表現を変えて、「食事制限」というと、「我慢・根性」みたいなイメージで、拒絶反応を示す方も少なくないです。

しかし、私が思う「食事管理」って、そうではありません。

やせたい場合でも、何でもかんでも制限すればよいかというと、そうではありません。糖質にしろ脂質にしろ、ある程度の量は必要です。たんぱく質に関しては、もしかしたら今まで以上に食べないといけないかもしれません。何をどれくらい、どのタイミングで食べるか?が大事かと思います。

昨日、来院されたダイエット進行中の患者さんにも、どういう食べ物をどのタイミングで食べて、1日の摂取カロリーがだいたいこれくらいで、たんぱく質摂取量をこれくらいを目指して、糖質もこれくらいは摂っても大丈夫です、このようなことをお伝えいたしました。

そして、具体的な食事例をお伝えさせていただいたんですが、その中には、コンビニで買える食べ物や、ヨーグルトも含みました。

ダイエット中にコンビニ食・・・と思われるかもしれませんが、私が思うに、ここもまたダイエットは難しいものだというイメージにつながっているんじゃないでしょうか?ダイエット中だからといって、完璧な食事ばかりする必要はありません。(ずっと自宅で、手作りで、一汁三菜で、というのが理想ではありますが。)お仕事の都合で、お昼は外食になる方もいらっしゃるし、忙しくて食事が抜けることもあるかもしれません。なので、コンビニ食や、スーパーで買えるお惣菜をうまく利用するのも1つの方法です。因みにコンビニの焼き鳥は、低糖質高たんぱくで、ダイエットには最適な食品です。

そう考えると、意外とダイエットは難しいものではありません。

やせないなぁ、やせなアカン。と思われている方、一度ご相談ください。「これならできるかも」と思っていただけたら幸いですし、やっぱりできそうにないと思われた場合は、無理に進めたりはいたしませんので。

 

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのお問合せ

 

 

 

 

 

公開日:

腰と脚が痛む

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、自転車で2時間ほど走りました。その途中、急に空が暗くなってきたと思ったら・・・北の方で、ピカッと雷が!!私が住む地域では8月は雨が降りませんでした。そろそろ一雨降ってほしいところですね。

 

「腰と脚が痛む」

先日から来院されている患者さん。腰と脚が痛くて、痛む場所もその日によって変わったり、1日の中でも変わるとのことです。

「腰が痛くて、脚も痛いなら坐骨神経痛かな?」と考えがちですが、実はそんなことはありません。腰の筋肉に問題があり、脚の筋肉にも問題がある場合、腰と脚が同時に痛むことはよくあります。私は、神経痛よりもそちらの可能性が高いと考え治療を行います。

どんな動きをしたら痛むのか?の確認と、触診により、およそ痛んでいる筋肉は特定できます。その筋肉が、うまく動くようになれば、痛みは消失するはずです。

神経痛と言われている患者さんでも、筋肉の状態をよくすれば、痛みが軽減することは多いんですよ。

それでは今日はこのあたりで失礼いたします。今日は昨日よりも暑くなるそうですので、こまめな水分補給とこまめな休息をお忘れなく!

 

「神経痛」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

公開日:

やっとスタートライン

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、8年ぶり?くらいに来院された患者さん。一昨日、私の父と偶然会って、喋ったそうなんです。「お父さんと喋ってたらアンタのこと思い出したんや 笑」っておっしゃっていました。「地元ならでは」な感じにほっこりしました。

 

「はり治療がめまいに及ぼす影響」

めまいやふらつきの原因の1つに、耳の中にある「三半規管(さんはんきかん)」という部分の異常があります。この場合、はり治療でも改善することができます。

と、いうことは、鍼灸師の間では常識のように言われます。

が・・・本当に改善できるの?何回くらいの治療で?どんな治療で?という、患者さんなら当たり前のように抱く疑問に対して、明確に答えられるデータがない!!

私、年に1回か2回は、症例報告をするのですが、師匠の先生からは「それはお前さんの自己満足の治療なんじゃないか??本当にはりが効いたのか??」という厳しい言葉をいただくこともあります。(愛のムチです 笑)

というわけで、今年に入ってから、めまい(体のバランス感覚)に対して、はりがどのような影響を及ぼすのか?をいくつかの院と協力して検証しています。

しかし、データ収集もなかなか難しくて、条件にバラつきがないようにするためにどうするのか?とか、患者さんの安全性をどう確保するのか?とか、あぁでもないこうでもないと、話し合いを重ね、ようやく、昨夜「よし、これでいきましょう!」ということがまとまりました。

やっと、やっと、データ収集のスタートラインに立ちました 笑

まだまだ先は長いですが、どんな結果が得られるのか?思い通りの結果なのか?はたまた全く予期しなかった結果となるのか、地道にやっていきたいと思います。

 

「自律神経症状」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

 

公開日:

同じカロリーでも・・・

おはようございます。食べながらできるダイエット かずひら鍼灸院の吉田和平です。

ダイエット=我慢・空腹との闘い みたいなイメージがありますが、大事なことは、必要なものを食べ、不必要なものを食べないというメリハリです。

 

昨夜、息子と一緒に音楽を聴いていました。私の選曲①少年時代②夏の終わり③やっぱ好きやねん 

・・・

我ながら、素晴らしい選曲!と思っていたんですが、息子(小5)は「知らん歌ばっかりや!」と不満そう。「じゃあ、何かリクエストしてよ」というと息子は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク!」と言ってきました。

モーツァルトだそうです 笑 そんな音楽、我が家とは無縁でございます。

 

「食事を減らしているのにやせにくい」という方へ。

やせるために、食べる量を減らしているけど、あまり効果がない。というお悩みの方が時々いらっしゃいます。努力しているのに結果がでないというのは、モチベーションが下がりますよね。で、その原因は一体何なのか?考えられることは・・・

①摂取カロリーの制限はできているけど、食べるもの内容(栄養素)に問題がある

②これ以上やせやせてはいけないというくらいたい体脂肪が少ない

③食べる量を減らしているつもりだけど、実はまだ量が多い。3度の食事量は減らしているがその分間食が増えている。

というようなことが考えられます。

今日お話しするのは①についてです。

やせたいとき、多くの方がカロリーに注目すると思います。食べる量を減らして摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすか。どちらにしろ、摂取カロリー<消費カロリー という状態を目指します。これは間違いではありません。正しい考え方です。

が・・・

例えば、1日の摂取カロリーを1500キロカロリーに制限したとします。

極端ですが、Aさんは、パンやおにぎりといった炭水化物で1500キロカロリーを摂取。Bさんは、一汁三菜で1500キロカロリーを摂取。

さて、どちらがやせやすいでしょうか?

たぶん、ほとんどの方がBさんと思われたんじゃないでしょうか?

そう、正解はBさんです。

しかし、摂取カロリーは両者とも同じ1500キロカロリーです。なぜ、やせ方に差があるのでしょうか?

キーワードは「血糖値」です。

AさんとBさんを比べた時、食後の血糖値の高さに違いがあります。Aさんは、ほぼ炭水化物(糖質)のみの食事をしているので、食後血糖値が急上昇します。高くなった血糖は、その後インシュリンの作用で脂肪という形で体内に蓄積されます。太るということです。

一方Bさんは、バランスの良い食事のため、食後血糖値の急上昇を防げています。なのでやせていくんですね。

摂取カロリーは、1日にどれくらいの量を食べてもよいのかを知る上で、大事な指標となります。が、上記でお話しした通り、摂取カロリーを制限しているからやせる。ということではありません。逆に言えば、カロリーをある程度摂っても、食事内容次第ではやせることができます。

一概には言えませんが、炭水化物の量を減らすのが効果的な場合が多いです。なかなかやせないとお悩みの場合、炭水化物(ご飯とかパン、麺類)を今の半分の量にまで減らして、その分、野菜や肉・魚などを多く食べてみてください。それだけでやせる場合もあるかと思います。

くれぐれも無理はなさらないように!!

 

「何をしてもやせない」とお悩みのあなたへ。

ダイエット無料相談ご予約受付中。

☎079-245-3552 「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

LINEからのお問合せ

公開日:

肩の痛み

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、日中に車に乗ったら・・・

 

外気温が42度!?

見ただけで暑い!!!

 

「肩の痛み」

今週、久しぶりに来院された患者さん。

肩の痛みがあって、もう限界だと思い、仕事を休んで来院されました。

腕を横から挙げるときに、強い痛みがあり、途中までで挙げられなくなる状態でした。因みに、腕を前から挙げられない場合と、横から挙げられない場合の治療ポイントは変わります。肩が挙げられないから五十肩かというと、そうではないんです。

2日続けて治療に来られたんですが、2日目の治療前に、肩の動きを確認すると・・・前日より断然肩が挙がりやすい。ご本人も「あ、、、こんなに肩が挙がるの久しぶりです 笑」とおっしゃってました。

痛みがちょっとでも軽減して、「よし、また明日から頑張ろう」と思っていただけたら嬉しいです。

 

「肩の痛み」に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからのご予約

公開日:

Prev 1 2 3 4