かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

ギックリ腰

おはようございます。めまい・不眠・吐き気など、自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日の午後から、1時間ほど息子とサッカーをしました。ちょっと動くと、汗が流れる陽気でしたね~。ボールを蹴っているうちに、だんだんと私が本気になるといういつものパターンでした・・・笑

 

「ギックリ腰」

一昨日、私の兄が腰痛勃発。というわけで治療しました。腰を伸ばし切ることができず、前かがみで歩く姿は典型的なギックリ腰。兄は「痛めた原因がわからないからギックリ腰とは違うのでは?」と言っていましたが、実は、ギックリ腰は原因やきっかけが不明なことが多いんです。重い物を持ち上げた瞬間ギクッと・・・というのは意外と少ないケースで、大半は、「あれ?何となく腰が変だな」と思っていたら、その内動けないくらいの痛みになった。という場合が多いように思います。

兄は腰の中心部分の痛みが強く、「背骨が痛む感じ」だと訴えていました。このように、痛む場所が明確な場合は、比較的表面の筋肉が痛んでいる場合が多く、今回は、腰の最も表面にある「広背筋(こうはいきん)」を狙っての治療を行いました。

それにしても、今回の腰痛、痛そう・・・ベッドに寝るときも「ウゥゥゥ~」って唸り声あげてましたし、立ち上がる時も「おぉぉぉ~」って掛け声かけてましたし。

1回目の治療をした日の夜に、様子を見に行くと、あまり症状改善がみられない状態でしたので、その場で2回目の治療を行いました。

次の日(昨日)の朝、様子を聞くと、「う~ん、あまり昨日と変わってないかな」という返事でしたので、もう一度治療を行いました。

そして、お昼頃に様子を聞くと、「動ける!」という返事が返ってきました。自転車にも乗れる、ウォーキングもできるとのことでした。(おいおい、そんな無茶したらまた痛めるよ!?)

ギックリ腰は、炎症の痛みよりも、筋肉が動くことで痛みがでます。楽な姿勢でじっとしていれば痛みはありませんが、そこから体勢を変えようとすると激痛が走ります。ですので、治療対象は、痛んでいる筋肉です。そして、治療後は日常生活の範囲内(無理な運動やストレッチは厳禁です)で動いていただくことで、筋肉の柔軟性が確保されてきて、それも痛みの軽減・解消に役立ちます。

もしギックリ腰になってしまったら、すぐにお電話ください。早めの治療が早期改善となりますので。

 

 

「ギックリ腰」には「はりきゅう治療」

「はり治療」の予約とお電話くだください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いいただけます。お急ぎの場合は079-245-3552へお電話ください。

 

公開日:

1か月

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日は、地元少年サッカーチームの卒団式に参加していました。春は別れと出会いの季節ですね~。

 

「毎日治療した結果」

今朝、はり治療でご来院された患者さん。患者さんの希望で約1か月、ほぼ毎日治療を行いました。

症状は、お尻~脚の痛み。食事の準備でしばらく立っていると、お尻や太ももがしびれのような痛みがでてきて、立っていられない。寝るとき、仰向けになると、これまた太ももがしびれて痛くて眠れない。買い物にスーパーへ行っても、脚が痛くてぐるっと1周ができない。と、このような症状でご来院でした。

初回の治療時に、神経痛といわれる症状でも、筋肉の状態が痛みの状態に影響を及ぼすこと、太ももやお尻の筋肉の状態をよくするためには、おなかの治療が大事なこと、を説明し、治療開始。

そして、本日時点での状態は・・・痛み・しびれなしです。夜も痛みなく眠れる、台所で立っていても大丈夫、買い物にっても歩ける。そのような状態です。

こんなに良くしていただいて・・・と喜ばれていました。

実は、こちらの患者さんをご紹介してくださったのは、この方のご主人さんです。ご主人さんも、過去に、脚のしびれ・痛みで当院へ通院されていたんです。その時にほぼ毎日、1か月間治療を行い、完璧に痛みはなくなりました。奥様にうかがうと、ご主人さんの痛みは今もまったくなく、毎日ウォーキングをされているそうです。

今回の2症例かから、脚のしびれや痛みは1か月間毎日治療すればよくなる。と言い切ることはなかなか難しいです。しかし、間隔をあけず治療するメリットはあるように思います。①治療する→②筋肉の状態がよくなる→③日常生活で少しづつ筋肉の状態が悪くなる(元の悪い状態に戻ろうとする)→④元の状態に戻ってしまう前に次の治療を行う。通常、このサイクルを繰り返すことで、症状は徐々に改善していきますが、毎日治療すると、③日常生活で少しづつ筋肉の状態が悪くなる、という部分を最小限に抑えられる可能性が高い。その結果、早期の症状改善が期待できると考えられます。

本日はこういう治療例もありますよ~というご紹介でした。

 

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛の足の痛みには「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけます。ID @huc6048b

 

公開日:

ストレス解消

おはようございます。めまい・不眠・倦怠感など、自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日の昼休み、春休みを満喫中の息子を誘って、近所の山に登りました。

息子は、パッと登ってサッと帰る。くらいの気分でついてきたそうですが、人生そんなに甘くない 笑 私がいつもトレーニングで走っているコースを歩きました!息子は今朝「足が筋肉痛やぁ~」と言いながら起きてきました。

桜がきれいに咲いていましたね~。

 

「マインドフルネス」

「脳は混乱する」と言うと、まさか!精密にできているはずの脳が混乱することなんてあり得ない。と思われるかもしれませんが、例えば、パニック障害といわれる症状だと、満員電車に乗ってしばらくすると、意識を失ってバタンと倒れてしまうことがあります。あれは、満員電車に乗り、視界が遮られることで平衡感覚(バランス感覚)が保てなくなります、その上、満員電車ですので、圧迫感や降りられないという不安感などのストレスがかかります。その結果、脳が混乱し、フリーズしてしまい、意識を失う。こういう仕組みが考えられます。

パソコンがフリーズするのと同じように、時と場合によっては脳もフリーズします。

ちょっと話は変わりまして、ストレスという言葉は日頃よく耳にすると思いますし、ストレスがたまって・・・なんてことを口にすることもあると思いますが、ストレスとは一体何なのか?

ストレスとは、外部刺激に耐えている力のことです。よくボールを使って説明されますが、ゴムボールを思い浮かべてください。通常真ん丸ですよね。真ん丸な状態がストレスがない状態です。このボールを上から指で押さえると、凹みます。凹んだ部分がストレスです、指の圧力に耐えているんですね。ちなみに、指の圧力のことをストレスの原因となる刺激「ストレッサー」といいます。指の圧力を押し返そうとする力を「ストレス反応」といいます。

これを体で例えると、会社の上司に仕事のことで叱責された。それはそれはひどく怒られた。怒られたことがストレスの原因「ストレッサー」です。怒られたショック・でも失敗した自分が悪いという自責の念・明日上司と顔を合わせにくいなぁという気まずさなど、ストレッサーに耐えていることが「ストレス」です。そんなことを考えていたら、おなかが痛くなってきたというのが「ストレス反応」ですね。

ちょっと話が逸れましたが、私が大事だなと思うのが、ストレス原因になる「ストレッサー」って、それ自体に良い悪いがないということなんです。例えば、朝起きて雨が降っていた。そりゃ晴れる日もあれば雨の日だってあるし、適度に雨も降ってもらわなきゃ困る。雨自体に善悪はないわけです。でも、お出かけ予定の日だったら「鬱陶しいな」と思うかもしれないし、1日のんびりできる日であれば「雨を理由に自宅で思いっきりゴロゴロしよう」と思うかもしれません。雨は外部刺激ですのでストレッサーであることは間違いないですが、それを不快な刺激ととらえるのか、快適な刺激ととらえるのかは、個人の思考と状況によるとも言えます。

なんでもとらえ方次第なので、できるだけ前向きにとらえましょう。

ってって、そんなことを言いたいのではありません。

ポジティブな時もあればネガティブな時もある。だって人間だもの。←有名な詩人風

最近、注目されている「マインドフルネス」という言葉があります。

「今ここ」に集中する方法です。外部刺激を遮断し、物事の善悪を判断せず、ただただ今ここに集中する。ぼーっとする時間を作りましょうよ。ということです。

その方法としてよく行われるのが「瞑想」です。椅子や床に座って、目を閉じて、呼吸を深くする。何も考えない。それがなかなか難しいので、自分の呼吸に意識を向ける。頭の中に何か考え事が浮かんでも気にせず瞑想を続ける。これをまずは1日1回数分行う。

私はよく感じるのですが、現代はいろいろな情報が溢れてます。情報が多すぎて処理しきれません 笑 それがストレスになる場合もあるんじゃないかと。スマホを見たら、見たくないニュースが目に入ります。パソコンを使う頻度も多いです。SNSも頻繁に目にしますし。もちろん、それらは便利ですし必要なものですが、情報が多すぎると、それがストレスになる場合もあるんじゃないかと思います。

ですので、1日数分間、外部からの情報を意図的に遮断してみる。それは貴重な時間かと思います。

ちなみに、私は、瞑想ではなく、トレラン(山走り)で、マインドフルネス状態を作っています。坂道を走ると、かなり心拍数が上がります。酸欠のような状態になります。何も考えらえません。自分の激しい息遣いしか聞こえません。これぞマインドフルネス!!とお思っています。走り終えたあと、体は疲れていますが、頭はすっきり、気分もすっきりしています。

外部刺激を遮断して、一瞬ストレスを開放して、より快適な日々をお過ごしください!!

 

 

「ストレスによる体の疲れ」に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

ラインからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

公開日:

筋肉が細くなったから!?

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、1時間ほど山走りをしていて、ふと気づきました。桜が咲いてる!!

立ち止まってしばらく眺めていました。きれいですね~、あぁ、心が洗われる・・・たぶん、そんなに汚れてないけど・・・笑

 

「筋肉がやせてしまって・・・」

私事ですが、先週、観葉植物に水やりをしようと思い、植木鉢を持ち上げた瞬間・・・胸にズキッと痛みが走りました。その後、深呼吸するとひどい痛みがあり、2日間、そ~っと動く生活を強いられました。私、ほぼ毎日ランニングしたり筋トレしたり、体を動かしているので、恭子先生に「そんなにトレーニングしてるのに・・・笑」と笑われました。たぶん私、一般成人並みに筋肉量はあると思いますが、それでも痛める時って、何気ない動きで痛めてしまうものなんですね。

当院に来院される患者さんが、特に年配の方がよくおっしゃるんですが、「昔と比べて筋肉が細くなってしまってね、そりゃ痛みもでますよね」と。

確かに、筋肉が太いほうが大きな力を出せるので、痛めにくそうではありますが、しかし、力士でもプロ野球選手でも、体を痛めるときはあります。あれだけ筋肉がついていても痛みはでます。

ですので、痛みと筋肉量は比例しません。筋肉が細くなったから痛みがでているわけではありません。多くの場合は、筋肉の柔軟性がなくなって痛みがでているんです。筋肉が正常に伸び縮みできる状態にしてあげると、痛みは軽減解消します。

痛みのない生活を目指して治療してみませんか??

 

体の痛みに「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

 

 

公開日:

腰?足?どっちを重点的に治療するか

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

一昨日・昨日と、久しぶりの連休をいただきました。この連休の楽しみは・・・早朝ランニング!!といういつも通りな休日 笑 昨日は雨で走れなかったんですが、一昨日は、19㎞走りました。所々桜が咲いていて、一人花見も満喫できましたね。最後5㎞は山を走ったんですが、満開?というくらいきれいな桜もありました。

 

「腰重点的に治療するか?足を重点的に治療するか?」

昨日、知人の方と世間話をしていて、その方が「腰が痛くなってしまって、時々足もしびれたような感覚があって。脊柱管なんとかじゃないかと思うねん」とおっしゃっていました。←脊柱管狭窄症ですね!

確かに、脊柱管狭窄症の特徴の1つとして足の痛みやしびれがあります。

ただ、脊柱管狭窄症は、腰の痛みよりも足の症状が強い傾向があります。当院にこの症状の方は来院されますが、腰の痛みよりも断然足の痛み・しびれを訴える方が多いんです。

実は、人間の痛みの感じ方は曖昧な部分があって、1の痛みを10と感じる方もあれば、10の痛みを1と感じる方もいる。腰の痛みがお尻まで痛いように感じることもあれば、お尻の痛みが強すぎて腰の痛みを感じにくくなっている場合もあります。

ただ、筋肉の痛みは、どこが痛んでいるのかという位置情報を脳で把握できるようになっているので、痛みが一番強い部分を治療する必要性はあります。

ですので、先ほどの私の知人の方の場合、足よりも腰の治療が最優先です。逆に、脊柱管狭窄症で足の症状がひどい方の場合は、腰よりも足の治療が優先です。

どこを重点的に治療するかで、結果が変わってきますので、ここの考え方は大事かなと思います。

それでは今日はこのあたりで失礼します!

今週もきれいな桜が見られますように~!!

 

坐骨神経痛・脊柱管狭窄症には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけます。ID @huc6048b

公開日:

ご質問いただきました

こんにちは。脚の痛み治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

ちょっと空いた時間に、熱いほうじ茶をすすっています。これにチョコレートがあれば最高なんですが、残念!ありません・・・

 

「どうすればいい?」

今日、はり治療で来院された患者さんから質問をいただきました。

「体重を減らそうと思って、甘いものをやめているんです。体重は少し減っているんですけど、筋肉量も減っているのをみて、ショックでした。これからどうすればいいですか?」と。

因みに、たんぱく質はかなり意識して摂っているとのことでした。

いやぁ、わかります!筋肉量が減ったときのショック!筋肉を鍛えるためとか、衰えないようにという理由で、日ごろ運動をされている方であれば、筋肉量が減った時のショックはさらに大きいかと思います。

しかし!!体重や体脂肪を減らそうした場合、絶対と言っていいほど筋肉量も減ります。筋肉量を減らさず、体脂肪のみを減らすことは至難のワザです。

体重や体脂肪を減らそうと食事改善をします。大抵の場合は、食べる量を減らす「摂取カロリー制限」をしたり、糖質制限をしたり、脂質制限をすると思いますが、どれも、何かしらの栄養を意図的に不足状態にしています。栄養やカロリーが不足することで、それを補うために、脂肪が燃焼するのですが、それと同時に、筋肉も多少は分解されてしまいます。これが、食事制限時に筋肉量が減ってしまう理由です。

上記の患者さんの場合、体脂肪が正常値よりもややオーバーでしたので、体重・体脂肪・筋肉量を測りながら、まずは目標体重・目標体脂肪まで減量を進めることをおすすめしました。目標達成したのちに、筋肉量を増やす取り組みをされるのがよいかと思います。

ダイエットのことで疑問や不安がございましたら、お気軽にご質問ください。

LINEからでもご質問いただけます!

←公式ライン ID @huc6048b

 

 

 

公開日:

リラックスしているから副交感神経が興奮!?

おはようございます。めまい・立ちくらみ・不眠など、自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

娘(4才)が、妻の友人の娘さんから「たまごっち」をもらったそうで、夢中になっています。たまごっち・・・懐かしいです!皆さん覚えてますか?あの一大ブームを巻き起こしたおもちゃ。娘は、「早く起きないかな?う〇ちしないかな?ご飯食べないかな?」とか言いながら、じ~っと画面を見つめてます。たまごっちよりも、あなたが早くご飯食べてくれないかな?う〇ちしてくれないかな?起きてくれないかな?と、親としては思うところです 笑

 

「副交感神経を高める!?」

マッサージやはり治療を受けていただいていると寝てしまわれる方もいらっしゃいます。治療中は、世間話をしながらでも結構ですし、ゆっくりお休みになっていただいても結構ですし、とにかく、緊張よりもリラックスしていただけると嬉しいですね。

リラックスするということとは、自律神経のうちの、副交感神経の働きが高まっている状態だと言われています。

そうか、マッサージやはり治療って、筋肉も柔らかくなるし、リラックスできるし、副交感神経を高める効果があるのか。と、思われるかもしれませんが、実際はそうではないと私は考えています。

マッサージとはり治療に共通していることの1つに「皮膚を刺激する」ということがあります。

マッサージでは、力を込めて筋肉のコリをほぐす手技もありますが、優しく皮膚をさするような手技もあります。はりの場合は、筋肉を狙って垂直にはりをする場合もありますが、皮膚(皮膚のすぐ下)に水平にはりをする手技もあります。筋肉ではなく、皮膚に刺激をあたえることを目的とする手技があるんですね。

皮膚は、一部を除き、自律神経のうちの「交感神経」が分布しています。先ほどのマッサージやはりで、皮膚を刺激するということは、この交感神経を興奮させて、その反射により治療効果を得る方法なんですね。

ここで大事なのは、交感神経の興奮=体が緊張する ということではありません。

例えば、アロママッサージをイメージして頂くとわかりやすいかもしれません。きれいな部屋で、のんびりしたBGMがかかっていて、ほんのり香るオイルを使って、絶妙な力加減でマッサージを受ける。こういう施術が好きな方であれば、もう至福の時かと思います。リラックスの極みで、「副交感神経MAX」な状態がイメージできるかもしれません。

が、この場合であっても、アロママッサージ自体は皮膚刺激ですので、体内では交感神経を介した反射が起こっているんですね。

交感神経は興奮・緊張した時に働く神経で、副交感神経はリラックスした時に働く神経。というのは、あくまで、自律神経を

わかりやすく説明するためのイメージで、一部抜粋したお話で、実際の働きは全然違います。

それでは、今日はこのあたりで失礼します!

曇り空ですが、気持は明るくいきたいですね~!!

 

「自律神経失調症」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

公開日:

こんな話したらあっという間に寝た

おはようございます。めまい・不眠・倦怠感など、自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

明日はホワイトディ!ですが、日曜日なので、お返しをしたい方に会えない可能性が大ですので、本日お返しをしたいなぁと思っています。と言いつつ、恭子先生(妻)へのお返しは何も用意できていない・・・明日は勉強会に出かけるので、その帰りに何か美味しい物を買ってこようと思ってます!!皆様、素敵なホワイトディをお過ごしくださいね。

 

「息子との会話」

昨夜、息子と一緒に就寝しました。就寝前に、息子が「なんでもいいから何か話聞かせて」と言ってきたので、さて、何の話をしようかと迷った末、「体の痛み」について話をしました。迷った挙句、たぶん息子が全く興味がないであろう話を選んでしまいました・・・

痛みを、患部から脳に伝える神経は主にAδ(エーデルタ)とCがあります。Aδは、伝えるスピードが速く、筋肉の痛みは、このAδが脳に伝えています。

一方、Cは、伝えるスピードが遅く、内臓の痛みはこのCが脳に伝えています。

ですので、筋肉の痛みは、どこが痛いのか、どれくらい痛いのかがより明確に自覚できますが、内臓の痛みは、何となく痛い、このあたり一帯が痛いというような、ボヤ~っとした痛みとして自覚します。

胆石や盲腸(虫垂炎)は、かなりの痛みがでますが、あれは、内臓の炎症の反射により、筋肉がカチカチに固まることによる痛みで、「筋性防御」といいます。

「腰の奥の方が痛む」「ひざの関節の中の方が痛む」と自覚する場合もあると思いますが、痛む場所がピンポイントで自覚できる場合は、かなりの確率で、表面の筋肉の痛みであると考えられます。ですので、例えば「はり治療」を行う場合は、深くはりを刺すよりも、表面筋肉をいかに効率よく治療するかが重要となります。

と、いうような話を息子にしていたら、あっという間に息子は寝てしまいました 笑

治療は、生理学とか、解剖学といった、体の構造に沿った方法が一番効率がいいなぁと、納得しながら、私も寝ました。

すっごいお音の雷で目が覚めましたけど・・・

それでは今日はこのあたりで失礼します!

今は雨が降っていませんが、このまま雨あがるかなぁ??

 

「痛み」にも自律神経は関わる。

長引く痛み、繰り返す痛みに「はり治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。 ID @huc6048b

 

 

公開日:

回答が独特すぎる

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

東日本大震災から早10年。

と、書くと、その後に続ける言葉が見つからなくなります・・・1人でも多くの方が、震災前と同じような生活に戻れますように願っております。

当時、1歳だった息子が、次は6年生。時が経つ早さを感じます。

 

「これは正解なのか??」

息子が、小学校からプリントを持って帰ってきました。恭子先生が「これ面白いから見て」と、見せてきたんです。

TPOに合わせた服装を考える内容ですね。へぇ~、こういうことも学校で学ぶのかぁ。これって、大事なことだなぁと思います。私も服装で迷うことはよくあります。失礼のないようにスーツを着るのか?リラックスした雰囲気を作るためにジーンズにするのか?その服装が会場雰囲気に合っているのか?などなど・・・

息子のプリントには、「〇〇なとき」という、自分で自由に場面を設定し、それに合った服装を記載するという箇所がありました。

息子が書いた回答が・・・「死ぬ時」って・・・はかま上下って・・・素足って・・・その理由が「なんとなく」って・・・

どんな回答やねん!!

もっと他にあるやろ?!サッカーする時とか、習い事に行く時とか。

回答が独特すぎるっ!!

 

「足の痛み・しびれ」に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

公開日:

安静がいい?動かした方がいい?

おはようございます。坐骨神経痛・脊柱管狭窄症など、お尻の痛み・脚の痛み治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

朝一番に来院されたお尻と脚の痛みの患者さんが「最近、痛みを忘れている時が時々あります」とおっしゃっていました。少しずつ良くなってきていますね!私が治療ポイントとしているのは、下腹部と、お尻・脚の筋肉です。神経痛と言われるような症状でも、筋肉の状態をよくすると、少しずつ痛みが改善されることが多いんですね~。先ほどの患者さんも、まだまだ改善できると思います!!

 

「安静か?動かすか?」

よく患者さんからの質問の1つに「安静にしておいたほうがいいのか?ある程度は動かしたほうがいいのか?」ということがあります。

痛みがある場合のお話ですが、例えば、骨折や、ねんざ、打撲、その他に、大きな傷がある場合は、安静がよいです。(患部の安静が必要ですが、患部以外は動かしてもよいですよ)これらの症状は、痛みの原因の1つに「炎症」があります。炎症を治めるためには、安静にしておいた方が無難です。

一方、例えば、冒頭の患者さんのような、神経痛のような症状や、五十肩で関節が動きにくい場合、あと、ギックリ腰もそうなんですが、動かせる範囲で動かしていただく方がよいと私は考えています。これらの症状の痛みの原因は、炎症ではなく、筋肉が硬くなることにあるからです。硬くなった筋肉が動くときに、痛みのセンサーが反応しているからなんです。痛みを軽減させるために、筋肉の柔軟性を確保する必要があります。そのためには、ある程度動かす必要があります。

骨折した後のリハビリをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。折れた骨は治っている。でも一定期間、固定していたため、筋肉が硬くなり関節も動きにくくなっている。それを動きやすくするためにリハビリを行います。動きにくい筋肉や関節を少々無理しながら動かすと、当然、痛みがでます。この場合の痛みの原因は、炎症ではありません。硬くなった筋肉が引っ張られることが原因です。リハビリを続けていくと、その内動きやすくなってきて、痛みもなくなってきます。筋肉の状態が改善されると、動きも痛みも改善する典型的な例ですね。

因みに、ギックリ腰は腰の急性炎症だと言われることもありますが、炎症の特徴である「発熱・腫脹(腫れ)・発赤」はいずれも見られません。ギックリ腰の患者さんの治療をよくしますが、腰が真っ赤っかとか、腰が腫れて膨らんでる。なんて患者さんは見たことがありません。そして、ギックリ腰は動かさなければ痛みは少ないかほぼないので、痛みの原因は炎症ではなく、筋肉の状態にあると予想できます。ですので、ギックリ腰の場合でも、動かせる範囲で動いていただいてよいです。安静にしているメリットはあまりないかと思います。(無理やりストレッチしたり、ウォーキングしたりはしないでください。あくまでも日常生活の範囲内で、できることはしてくださいという意味です)

安静が無難なのか?動かしてもよいのか?迷われたときは、ご相談ください。

 

「坐骨神経痛・脊柱管狭窄症」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

公開日:

Prev 1 2 3 4 5