かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

皮膚をさすると何がイイの?

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、娘を保育園に迎えに行ったんです。娘が私の姿を見た途端「おと~さ~ん!!」って笑顔で駆け寄ってくる。そんなシーンをイメージしながら行ったんですが・・・実際は、娘は私を見てキョトンと固まってしまいました。保育園の先生には「え?お父さんですよね??」と聞かれるし・・・笑 娘曰はく、これから砂遊び!!というところだったそうで、名残惜しかったようです。

 

「ローラーはり」

私、以前、「経営者の体調管理」というお題で、異業種の会で喋らせていただいたことがあります。皮膚刺激をすると、色々な反射が起こり、体調管理の役に立ちます、というお話しついでに、「ローラーはり」の紹介もさせていただいていたんです。その時、ご参加くださっていた方が、実は腱鞘炎が治らなくて困っているとのことで、ローラーはりを1本お買い上げいただきました。その後、ローラーはりを頻繁に行っていただき、なんと、腱鞘炎が治まったとのことで、「知り合いで困ってる人がいたらローラーはりを紹介しているんです」とお話ししてくださいました。

昨夜、久しぶりにその方とお会いしたんですが、「ローラーはりって、どう体にイイの?私、その説明ができなくて・・・」とおっしゃっていたんです。

まず、ローラーはりがこちらです。

これの他にも色々な形のローラーはりがあります。その名の通り、ローラーがついていて、コロコロと皮膚をさする道具です。「はり」という名前がついているので、はりの一種ですが、刺すものではありません。

これで皮膚をさするとどうなるのか?

皮膚は一部をの除き、自律神経の交感神経が分布しています。皮膚をさすると、交感神経を介した反射が起こり、体内部の炎症を抑えることができると考えられます。おなかが痛い時、無意識におなかをさすっていることはありませんか?緊張した状態から解放されたとき「胸を撫でおろす」って言いますよね、実際に胸をさすったりもしますね。あれらは、おなかの皮膚をさすることで、大腸に起こっている炎症を和らげる、胸の皮膚をなでることで、心拍数を抑える。そんな役割があるんですね。難しい言葉ですが「体性ー内臓反射」と言います。

ローラーはりは、体性ー内臓反射をおこすために使用する道具です。

冒頭、腱鞘炎が治ったというのも、手首付近の皮膚をさすり続けたことで、炎症が治まったのではないかと考えられます。

ローラーはりは、皮膚をさする専門の道具ですので、使い勝手はいいですが、皮膚をさするのはローラーはりでなくてもできます。指先でもさすれますし、綿棒でもさすれます。

皮膚をさすることは、体調管理に非常に役立ちます。

例えばですが、耳たぶの付け根をさすると、めまい感の改善・予防につながります。

めまい感だけでなく、雨が降る前に頭痛が起こるとか、立ちくらみがよく起こるなどの症状改善にも役立ちます。皮膚を傷つけないように、片耳5分ほどさすってみてください。

「こんな症状なんだけど、どこをさすればイイのか?」というご質問がございましたら、当院公式LINEからお問合せください。必ず返信いたしますので。

ID @huc6048b

 

「頭痛・めまい感・何となく体がしんどい」そのような症状に「はりきゅう治療」

はりが怖い、苦手という方には、上記ローラーはりのみでの治療も可能です。

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552  かずひら鍼灸院

 

公開日:

原則、体を動かす

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日の夕食は、湯豆腐と焼き鳥でした。体が温まって、その上、たんぱく質もたくさん摂れて、最高の夕食でした。たんぱく質は、体重(kg)×1~1.2g/日 は最低でも必要かと思います。体重60㎏の人であれば、60g以上必要ですね。

 

「原則、体は動かし続ける」

体に痛みがある時、「安静にお過ごしください」とか「無理しないでくださいね」と、治療家は患者さんにお伝えします。確かに、急性の症状の場合、(例えば、ねんざや打撲、肉離れなど)無理して患部を動かすと、炎症がひどくなり、痛みが強くなったり、症状が長引いたりする可能性があります。

しかし、腰が痛いとか、ひざが痛い、首肩がこるなどの症状の中で、炎症が起こっているものは意外と少ないんじゃないかと思います。炎症による痛みよりも、筋肉が引っ張られることによる痛み(機械刺激による痛みと言います)が多い。ですので、慢性的な痛みの場合は可能な範囲で動かす、もしくは、どうしても動かすと痛い場合は、患部に影響しない他の部分を動かす。

体は動かしていないと、当然その機能は衰えていきます。ですので、無理のない範囲では原則動かすことが大事です。

昨日、来院された患者さんのお話ですが、この患者さんは現在、定額制治療をご利用されています。主にひざの痛みに対して治療を行っていますが、昨日の帰り際に「痛くなってもここに来たらいいかという安心感があるから、割と普通に動きまわってます」とおっしゃっていました。動きながらも、当初よりひざの痛みも軽減しています。

私は最近「治療する」という考え方から「体を管理する」という考え方にシフトチェンジしています。

治療も大事ですが、それ以前に、ひどい症状がでないような体にしていくこと。まずまず動ける体を維持すること。が大事だと考えています。そのための「体を管理する」ということに患者さんと一緒に取り組んでいます。

その具体的なことが「定額制治療」なんです。(1か月決まった治療費で何度でも通院していただける制度です)

個人差はありますが、多くの方が「肩がこる」とか「腰が痛い」とか何らかの症状を抱えられていると思います。それがひどくなってしまわないように、改善傾向に向かうように、あっ、今日はちょっとマシやなぁという日が増えてくるように、「体を管理する」今後も患者さんと一緒に取り組んでいきたいと考えています。

それでは今日も1日お元気で!!

 

「肩がこる」「ひざが痛む」「腰が痛い」など、1か所の痛みには「定額制治療」

1回20分の治療で、手技や超音波で治療をします(はりは使いません)

1か月 8500円

「定額制治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約可能です。ID @huc6048b

公開日:

停滞期は・・・

おはようございます。体脂肪が多すぎる方におすすめしたい「かずひら流ダイエット」かずひら鍼灸院の吉田和平です。

昨夜、娘(4歳)が鼻歌を歌っていました。「ももたろうさん、ももたろうさん♪お腰に付けたきびだんご♪ひとつ私にくださいな♪」と。まぁ、ここまでは良かった。続きが「あげません、あげません♪お腰に付けたきびだんご♪全部私のきびだんご♪」って・・・たぶん、そんな風に、たくましく生きていくのかな?笑

 

「NEW動画、公開されました」

ダイエットに関する動画が公開されました。私が、日常カンタンにできるダイエットのコツをお話ししています。3分ほどの動画ですので、お時間ございます時にご覧ください。株式会社モダンタイムス様に撮影・編集していただき、非常にわかりやすい内容となっています!

https://modernet.jp/mch/%e5%85%83%e6%b0%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%

83%ab02%e3%80%80%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%82%8b%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/

 

「停滞期かな?と思ったら」

ダイエットをしていて、一番苦痛と言っても過言ではないのが「停滞期」ではないでしょうか。頑張って2時間歩いたのに体重が減らない・・・昨夜の夕食は味噌汁だけにしたのに体重が減っていない・・・努力しているのに結果が伴わないということほど苦痛なことはないと思います。なかなか停滞期を抜け出せず、ダイエットをやめちゃう、という場合も多いのかなと思います。

そんな停滞期に、やってみていただきたいこと。(2つあります)

①体重だけでなく、体脂肪の変化も見る。

ダイエット中、体重の増減だけに着目されている方が非常に多いのですが、ダイエットの本来の目的は「体脂肪を減らすこと」です。ですので、体重と一緒に、ぜひ体脂肪も計測してください。で、停滞期かな?と思われた場合に、体重だけでなく、体脂肪の変化も見てみてください。体重は減っていないけど、体脂肪が徐々に減っている、とそういう場合は、ダイエットはうまく進んでいますので、何も変えずにそのまま食事管理や運動を続けてください。これは、例えば運動によって筋肉量が増えた場合や、食事でたんぱく質を意識して摂った結果、筋肉量が増えた場合にありがちな現象です。体脂肪はうまく減って、筋肉量が増えているので、見た目の体重はあまり変化しません。でも、ダイエットは確実にうまくいっていますので、そのまま続けていただくと、そのうち体重も減ってきますし、なにより体の変化を感じてくるはずです。

②ダイエットの方法を変える。

体重も減らないし体脂肪も減らない。という場合、本当の停滞期の可能性があります。そもそも停滞期とは、少ない摂取カロリーでの食事や、運動に体が慣れてきた結果起こります。体には「恒常性の維持(ホメオスタシス)」という機能があり、ある程度環境が変化しても、それに応じて生きていけるように様々な機能が備わっています。例えば、暑い夏も、寒い冬も、体温はほぼ一定に保たれますし、全力で走ったら、呼吸が荒くなり、脈拍数が上がることで体内の酸素を確保します。ダイエット中は、摂取カロリーを減らしたり、消費カロリーを増やしたり、糖質や脂質の摂取を減らしたりしますが、体がだんだんとそれに慣れていくんですね。

このような場合は、ダイエットの方法を変えることをおすすめいたします。大雑把な話ですが、食事制限でダイエットを進めてきた方は、運動を取り入れてみる。とか、糖質制限で進めてきた方は脂質制限に切り替える。とか、1日だけチートディ(好きなものを好きなだけ食べる日)を設けるとか。何らかの変化をつけると、その後、体重体脂肪がまた減り始めることが多いです。

停滞期は苦痛ですが、焦らず、あきらめず、上記のことを試してみてください。

 

「もうあかん、やせなあかん」という方へ

ダイエット無料相談ご予約受付中。

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せください。ID @huc6048b

 

公開日:

増えたら減らせばいいという考え方には要注意

おはようございます。短期間ダイエット「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

最近、鬼滅の刃に夢中の息子。ず~っと鬼滅の刃の話をしてくれますが、もうほんと、勉強も「全集中」でやってほしいものです・・・

「太ると大変・・・な本当の理由」

およそ自分の体重がどれくらいなのかを把握されている人に多いんじゃないかと思うのですが、「あっ、体重が2㎏増えたから、今日から食事に気を付けて、2㎏減らそう」と考える。このように、自分の体重を意識することは非常に大切なことかと思います。私は、ダイエットのお手伝いをしている手前、友人から「〇㎏太ってしまってなぁ・・・やせるにはどうしたらいいん?」という話を聞くことが多いのですが、〇㎏太ったと把握できている点は素晴らしいなぁといつも伝えています。

ただ、ひとつ注意していただきたい点が・・・

太ったらやせればいい。という考え方には要注意です。2~3㎏くらいだったら、すぐに減らせる。ダイエットを何度もされている人の中にはこういう感覚の人もいらっしゃるかと思います。

今からお話しすするのは、一般的な生活をされている人の場合ですので、筋トレで筋肉を大きくすることを目的とした体重の増減は省きます。

食べ過ぎや運動不足で体重が増えるときは、体重と一緒に体脂肪も増えます。一方、食事制限や運動で体重が減る時は、体脂肪も減りますが同時に筋肉量も減ります。必ず筋肉量が減ってしまうんです。

なので、例えば体重70kgの人が、73kgになってしまった。そこで、ダイエットをして70kgに戻した。こういう場合、最初の70kgの時と、ダイエット後の70kgを比較すると、ダイエット後の方が、体脂肪量が増え、筋肉量が減っている可能性が高いんです。

筋肉量が減ると、基礎代謝が減ります。つまり、太りやすい体になるということなんです。

ひぇぇぇ~、それは困る!!ということで、じゃぁ、筋肉量を増やそう!ためには筋トレ・・・ということになるのですが、筋肉量を増やすのは、かなり大変です。正直、ダイエットよりも過酷です。

ですので、増えたら減らせばいいという考え方には要注意なんです。

上記のようなことを防ぐためには、こまめな体重・体脂肪測定がよいと思います。

毎日、もしくは2日に1回、体重だけでなく、体脂肪もはかる。可能であれば、筋肉量もはかる。日々の変化はありますので、1週間の平均をみて、およそ一定なのか?増加傾向にあるのか?を判断していただいたらよいと思います。

ぜひお試しください。

今日もさわやかな秋晴れですね。それでは診療準備してきます!

 

「やせたり太ったりを繰り返しながら、結果、5年前より明らかに太っている」そんな方へ

ダイエット無料相談ご予約受付中。

カンタンなお話ですので、30分~1時間もあれば終わります。

「ダイエット無料相談の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

公開日:

今朝のニュースから

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

肌寒くなってくると、毎年恋しくなるのが「あんまん」です!!寒い中、ホカホカのあんこがたまらんのです 笑 と、熱く語っても、「えぇ~、肉まんのほうが好きかなぁ」というリアクションをされることが多いです・・・

 

「筋肉量と痛みは比例しない」

今朝にニュースで、大阪府池田市の市長が市役所内に家庭用サウナやフィットネス用バイクを持ち込んでいたと報じられていました。

けしからん!!

と言いたいのではなく、この市長が言ったことが「インナーマッスル(深層筋)の筋力が落ちてくると、体中の痛みが厳しくなる」とのこと。

当院の患者さんも、よく「痛いのは筋肉がないからかなぁ」とおっしゃいます。

でも、筋力、もしくは筋肉量は、必ずしも痛み具合とは比例しません。

筋肉がないから痛みがでるのであれば、やせ型の人や、高齢者は、全員、痛みに苦しんでいるということになりますが、実際は、まったく痛みがないという人も多数いらっしゃいます。

その逆に、体が大きくて筋肉隆々のひとや、スポーツ選手でも、腰痛やひざの痛みにお悩みの方も多数いらっしゃいます。

このことからも「筋肉量=痛み具合」ではないことがわかります。

痛み具合には「筋肉の柔軟性」が大きく影響します。

筋肉が硬くなる→動かすときに筋肉がいつも以上に引っ張られる→筋肉についている痛みセンサーが反応→痛みがあらわれる。

こういう流れです。

痛みにも色々な種類はありますので、すべてがこの流れに当てはまるわけではありませんが、腰やひざや首肩の痛みの場合、筋肉を鍛えることよりも、筋肉の柔軟性を出すほうが大事です。だから治療が必要なんですね。

筋肉強化は痛みがなくなってから行ったほうが無難です。

さぁ、今日はいい天気になりそうな気配!素敵な週末をお過ごしください!

 

「腰痛・お尻の痛み」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せください。ID @huc6048b

 

 

公開日:

筋肉がつながっているから?

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

芸能人の岡村隆史さんが結婚されたというニュースを見ましたが、昨夜、私がお世話になっている方から「結婚するねん」というお電話をいただきました。いいですね~、こういう明るいニュース!!

 

「(協同筋(共動筋)」

はり治療をしていると、患者さんが「普段、そこも痛むんですよね~、やっぱり筋肉ってつながっているんですね」とおっしゃることがよくあります。例えば、五十肩で肩の関節が痛んでいる人が、実は首にも痛みがある。とか、腰痛の人が実はお尻にも痛みがある。とか・・・

肩を覆っている三角筋という筋肉がありますが、三角筋は首にまで伸びてはいません。腰痛の原因となりやすい広背筋という筋肉もお尻までは伸びていません。そうなんです、筋肉がつながっているから色々なところに痛みがでているわけじゃないんです。

1つの考え方として「協同筋」という考え方があります。例えば、床に置いてある重たい物を持ち上げるときは、お尻の筋肉と太もも裏の筋肉が同時に働きます。例えば、窓の拭き掃除をするときは、肩の筋肉と胸の筋肉が同時に働きます。このような1つの動きに対して同時に働く筋肉を「協同筋」と言います。

草引きをした翌日や翌々日に、お尻から太もも裏にかけて筋肉痛がでた、なんて経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、あれは、筋肉がつながっているからではなく、立ったりしゃがんだりしたときに、お尻と太もも裏の筋肉が同時に動いた結果、2つの筋肉に筋肉痛が現れたからなんです。

この協同筋という考え方は、治療の際にも大事で、痛みがでている部分だけでなく、「ここに痛みがある(こういう動きで痛みがある)なら、こっちに負担がかかるはずだから治療しておいた方がいいな」とか「ここに痛みがあるなら、こっちの予防が必要だな」ということにつながります。

昨夜から降り続いた雨が、小雨になってきました。週末は晴れたらいいですね!!それでは今日もお元気で!

 

「腰・お尻の痛み」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

 

 

公開日:

治療終了!

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

鬼滅の刃の映画を観た息子が、ず~っとその話をしてくれるのですが、何が何だかさっぱりわかりません・・・「ねずこがくわえているのは竹輪か何か?」と聞いたらため息つかれました 笑

 

「治療終了」

当初は脚の痛み(足首からヒザの間)で、それが治まった後、お尻の痛みに対する治療を継続していた患者さんが、昨日、無事治療終了となりました。

一時は歩くのもつらい状態だったのですが、「ホンマに良くしてもらって、お世話になりましたね~」と笑顔でおっしゃっていました。

良かった良かった!!

整形外科にて神経痛と診断されていたケースでしたが、やはり、痛みがあらわれている局所を治療する重要性を感じました。

筋肉の痛み情報は、正確に脳が把握します。脚の痛みをおなかの痛みと感じたりはしません。もっと言えば、足首の痛みなのかふくらはぎの痛みなのかを正確に判別できるような構造になっています。

神経痛であっても、痛みがあらあらわれている局所の筋肉を治療することで痛みを抑えることは可能です。

神経痛=神経の痛み ではありません。そこには、筋肉の状態も関わりますし、内臓粘膜に起きているちょっとした炎症なども関わります。

今後も、神経痛でお困りの方のお役に立てればなぁと思っています。

それでは、本日も素敵な1日をお過ごしください。

PS 私の今夜の夕食はおでんだそうです。肌寒い時期のおでんは最高ですね!!

 

「神経痛」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。ID @huc6048b

 

公開日:

超、超、超私事

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

肌寒くなってきて、我が家にこたつが登場しました。いやぁ~、こたつは人をダメにする 笑 一度入るともう動けませんね。

そんなこたつに入って、熱いホットコーヒーを飲む。これが至福のひと時となっています。

 

「痛い・・・」

私事ですが、痔になりました・・・たぶん切れ痔です。

これまでも何回か経験はありますが、今回は、排便時にちょっと耐え難い痛み・・・すいません、朝からこんな話題で。

ということで、昨夜、人生初!ボラギ○ールのお世話になりました。

坐薬タイプを使ったんですが、違和感が半端ない!!(入れ方が下手だったんだと思います)

「薬が出てきてしまいそうで、お尻の力を抜かれへん!!」と大騒ぎしている私に、娘(4歳)が「お父さん、お尻痛いん??」と聞いてきました。そして、今朝も、「お父さん、お尻から薬出てきたん?」と聞いてきました。コイツ、絶対保育園に行って先生に言うつもりや 笑

痔は、炎症を伴います。その炎症は、自律神経の交感神経を介して脊髄に伝わり、そこで運動神経に情報が伝わり、腰やおしりの筋肉を硬くします。「内臓ー体性反射」というものです。時々腰痛がでる私は、しばらくそちらにも要注意です。

痔を治すためにも、おなかにいいこと=便活しようっと。

 

「腰痛」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。QRコードが読み取れない場合は@huc6048bで友達検索お願いいたします。

公開日:

水分補給

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、恭子先生と子供たちは、映画を観に行ってました。今流行りの「鬼滅の刃」。娘(4歳)は、さぁこれから物語が深まっていく!というところで、寝てしまったそうです 笑 その割に、帰ってきてから寝るまで、ず~っと映画の話をしてくれました。アンタ、寝てたんでしょう!!!笑

 

「水分補給してますか?」

この時期になると、いつもこの内容の日記を書いているような気がしますが、とても大事なことですので、今年も書きますね。

肌寒い季節になってくると、水分補給量が減ってしまう場合が多い。水分補給量が減ると、便秘になったり、脚がつりやすくなったりします。

便秘は、腰痛やお尻の痛みとも密接にかかわります。(便が大腸内にたまる→大腸の壁が圧迫される→その情報が自律神経を介して脊髄に伝わる→その情報が運動神経に伝わり、腰やお尻の筋肉をかたくする→痛み発症)

便秘の解消のための、薬やサプリメントもありますが、まぁ、それらを利用するにしても、やっぱり水分補給量を多くするというのは絶対条件かと思います。①便に含まれる水分量を多くして排泄しやすくする ②水分を摂ることで、胃を刺激し、その反射により大腸が動き出し排便につながる というメリットがあるからです。

最近の気温なので、冷たい水で水分補給をするのは難しいかもしれませんので、コーヒーや熱いお茶でこまめに水分補給を行ってください。

では、今週も素敵な1週間でありますように。風邪ひかれませんように。

 

「腰痛・お尻の痛み」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます

 

 

公開日:

何年振りでしょう

おはようございます。自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨日、2回目のYouTube撮影をしていただきました。昨日の感じからして、こりゃ何回しても慣れないなぁ、緊張しまくり 笑また動画が出来上がりましたら、お知らせいたしますので、ぜひご覧ください。「やせる食事パート2」と「甘い物がやめられない方へ」というお話をアップ予定です!

 

「何年ぶりでしょう」

昨日、2回目の治療に来院された患者さん。

「前回治療後、いかがですか?」とおうかがいすると、「こんなの何年振りでしょう、首が上向けるんです」という答えが返ってきました。

首の動きを確認すると、確かに、正常範囲上向けてました。首って、ご本人は異常なく動いているように思っているけど、実は、正常範囲動ききってない場合も多いんですよ。正常範囲動いていないということは、筋肉がそれだけ硬いという可能性が高く、ちょっとした動きで痛めてしまったり、寝違いを起こしたりする可能性もあるということなんです。

上記患者さんの場合、1回目の治療時は、首の横にある「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」がかなり

硬くなっていましたので、それをゆるめる治療を行っていました。

先ほどもお伝えしましたが、「首の動きが悪い」とは、あまり自覚ができません。自覚できるとすれば、相当動きが悪くなってしまっていると思います。動きの悪さよりも、こり感や、若干の痛みなどの自覚症状が先にあらわれると思いますので、その時点で治療しておくのがひどくならないポイントだと思います。

あまりガマンしすぎないしすぎないようにお気を付けください。

 

首肩の痛みに「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもお問合せいただけます。

 

公開日:

Prev 1 2 3 4 5