かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

血流改善=筋肉が柔らかくなる!?

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

まずは、能登半島地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。これ以上言葉が続かないです・・・TVでどなたかがおっしゃっていました、今自分にできることは、周りの人へ優しくすることだと。それが巡り巡り能登へつながると。それを信じて、今日も笑顔で患者さんをお迎えさせていただきます。

さてさて話は変わりまして・・・

血流をよくすると筋肉は柔らかくなる。とよく言われます。これが基になっているかどうかは定かではありませんが「寒い冬はぎっくり腰に要注意」な~んて言われたりもしますね。

寒くなるときゅっと筋肉が固まる。血流が悪くなると筋肉が伸び縮みしにくくなる。なんとなくイメージできますが、それは事実なんでしょうか?

というようなことを少し考えてみたいと思います。

これ、逆から考えてみると・・・筋肉がなぜ硬くなるのか?という視点ではなく「筋肉を柔らかくするためには」という視点で見てみるとわかりやすいんじゃないかと思います。

筋肉には「腱紡錘(けんぼうすい)」という装置があります。腱紡錘は筋肉の張り具合を感知しています。張り具合が強くなりすぎると筋肉を損傷してしまいますから、それを防ぐための装置なんですね。

マッサージやストレッチ、鍼の刺激もそうなんんですが、これらは腱紡錘を反応させます。腱紡錘が反応すると、その反射により、筋肉を緊張させているα運動ニューロン(アルファ運動神経)の働きが抑えられます。その結果、筋肉が緩むんです。

この反射を生理学では自原抑制(じげんよくせい)とか1b抑制(ワンビーよくせい)と言います。

ストレッチや電気刺激、はり刺激、カイロプラクティス、整体、マッサージなど、体のこりや痛みを改善する手段は色々ありますが、恐らくすべてのものにこの自原抑制の要素は使われていると私は考えています。

この自原抑制の反射に「血流」は一切関係していません。腱紡錘が反応するか否か、これが重要ポイントなんですね。血流が改善したから腱紡錘が反応するということでもありません。

腱紡錘を反応させるためにマッサージをした結果、局所の血流も良くなったという可能性はあるかもしれませんが。

というわけで、コリ・足のこわばりなどには、温めることよりも腱紡錘を反応させることが大事だと私は考えています。

それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

筋肉の異常には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEからもご予約いただけます。ID @huc6048b

インスタグラムにて1分動画アップ中。

 

公開日:

乗り物酔い予防(年内は30日まで診療)

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

娘(小1)がクラスでなぞなぞ係?クイズ係?をしているそうで、先日私にも問題を出してきたんです。「はなさかじいさんがマンションに住んでいます。何階でしょうか?」え~!!はなさかじいさんってマンションに住んでるのか!?というのはちょっと置いておいて・・・さて、皆さんはわかりましたか?

 

話は変わりまして・・・

今日は「乗り物酔い予防」というお話をしてみたいと思います。

そもそも乗り物酔いって何?なぜ起こるのか?すごく大雑把な回答ですが「脳の混乱」です。

人間の体のバランス感覚は・三半規管(耳の中)・視覚・体性感覚(筋肉)の3つの要素で成り立っています。これらの情報を脳で処理することでバランス感覚が保たれます。

しかし、乗り物に乗っている時はこれが保ちにくいんですね。

例えば、電車に乗っている仮定でお話しますと・・・

電車の揺れはにより頭が微妙に動くと三半規管も揺れます。もともと三半規管に不調がある人は、これだけでも乗り物酔いが起こる可能性があります。

混雑した車内や、スマホや本を見ながらの乗車は、視覚が遮られます。これも体のバランスが保ちにくくなり、乗り物酔いの原因となってしまいます。

上記に加え、立ったままの乗車の場合、体の床や壁への接地面積が少ないため、体性感覚という感覚によるバランス保持が難しくなることが考えらえます。

というように、乗り物に乗っていると、酔いやすい環境が整ってしまうことが多いんですね。さらに、車内の臭いや温度・湿度、その時の服装などによっても乗り物酔いが助長されてしまうかもしれませんね。

私も乗り物酔いをしやすいので、(特に電車)毎回気を付けているのが以下のことです。

・可能な限り進行方向を向いて座る

・シートに深く座り、背中をシートにくっつけ、体とシートの接地面積を増やす

・頭をシートにもたれかけさせ、頭の揺れを少なくする。(三半規管の揺れを少なくする)

・目は閉じず、遠くの景色をぼーっと眺める(視覚(視野)確保によりバランスを保つ)

・眠くなったら迷わず寝る

酔いやすい方の中には、無理に眠ろうとして目を閉じる方もいらっしゃると思いますが、それは逆効果なんです。私達が行ってきためまいの実験でも、開眼・閉眼の体の揺れを比べると、圧倒的に閉眼の方が揺れる、バランス感覚がとりにくいんです。ですので、自然と眠ってしまうまでは、目は開けたままの方が無難です。

乗り物酔いしやすいたい質は、はりきゅう治療で改善できる可能性もありますので、お困りの方は一度ご相談ください。

今年も残り僅かですね。すでに年末年始のお休みの方も、お仕事の方も、残り僅かとなった2023年を満喫いたしましょう!

あっ、冒頭のクイズの答えですが「まんかい(満開)」だそうです。

 

「めまい・乗り物酔い」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

 

公開日:

体温が低くなった。代謝が悪いのか?

メリークリスマス。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

先日の土曜日に、ショッピングールを歩いていたら、クリスマスツリーが現品限りで売られていました。

欲しい・・・ということで店員さんに伝えたら「箱に入れるからお時間ください」とのこと。それはいいんですけど、箱にいれるということは、電飾や装飾は外され、帰宅後にもう一度付けなきゃいけない??ということで展示されているままの状態で持って帰ることにしました。

ショッピングモール内をクリスマスツリーを持って歩くおっさん。しかも嬉しくてちょっとテンション高め。

皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしください。

当院は年内は30日(土)が最終診療日です。年始は1月5日(金)から診療いたします。

話は変わりまして・・・

本日は「体温」のお話をしてみたいと思います。

コロナが始まって以降、体温を測る機会も増えましたね。毎日測っている方もいらっしゃるのではと思います。

時々患者さんから「最近体温が低いんです。代謝が悪くなっているんでしょうか?」というお話をうかがいます。

体温は無理矢理区別するとすれば「深部温」と「表面温」の2つに分けられます。

深部温はその名通り、体の深部の温度のことです。それが心臓なのか大腸なのか、はたまた筋肉なのか?と問われると、なかなか答えずらいんですが、とにかく体の内部の温度を指します。

一方、表面温は皮膚温のことです。皮膚表面の温度ですね。脇に挟んで体温を測るとか、非接触体温計でおでこで体温を測るというものは、この皮膚温を測っています。そこから深部温を予想するためですね。

で、ここからが重要です。

人間は、恒温性動物です。カエルみたいに外気温によって体温は変化しません。変化しないように自律神経が働いています。ただし、皮膚表面の温度は外気温により多少変化します。灼熱の中、直射日光に当たり続けてればその部分の皮膚温は高くなりますし、極寒の中、冷たい風に当たり続けていれば、頬やおでこの皮膚温は下がります。

「最近、体温が低くなった気がする、代謝がおちているのかな?」という場合、皮膚温が下がっているだけで、深部温度は一定に保たれている可能性が高いので大丈夫ですよ。

深部温を一定に保つことを含め、体の機能を一定に保つ働きを「恒常性の維持(ホメオスターシス)」と言います。

これがあることで、寒い冬も暑い夏も生きていくことができるんですね。

 

「めまい・吐き気・頭痛」などに「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b よりお名前 ご希望日時 その他ご相談を送ってください。

 

公開日:

清潔なはり

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今、手元に1枚のメモがあるんです。日付が書いてあり、間違いなく私の字なんですが、この日付が何を意味するのかが全く思い出せないんです・・・11月9日・・・今年の?来年の?ああぁぁぁ~、この感じ、気持ち悪い!笑

 

さてさて、話は変わりまして・・・

はりきゅうのイメージを調査した結果によりますと「痛そう」「怖い」が上位にランクイン。そして、上位の中に「感染が心配」という答があるそうです。

確かに、針=感染リスク という不安はよくわかります。

そのような不安をお持ちお方に、何らかの参考にしていただければと思い、今日は「清潔なはりとは?」というお話をさせていただきます。

まず、現在、はり治療に用いるはりは、ほぼほぼ使い捨てです。(当院では100%使い捨てです)一人の患者さんの治療が終われば、捨てます。(医療廃棄物処理業者さんとマニュフェストを交わし、専用容器に入れてそれが満杯になれば引き取っていただくという流れです)

「ほぼほぼ使い捨て」と表現した理由は、鍼灸師の先生の中には、金鍼や銀鍼といった、少し特殊なはりを使われる方もいらっしゃり、その場合は使い捨てでないこともあります。あとは、患者さんに「自分専用はり」として、はりを買っていただき、それを消毒滅菌し、何度か使用する。という場合も聞いたことがあります。(現在は少数派かもしれませんが)

100%使い捨てにすることで、はりを介して他人の体液が付着することは絶対にありませんので、他人からの感染は防ぐことができます。

続きまして・・・

はりは、使用前はパックに入っています。

当院では、必要に応じて上記のような数種類のはりを使用していますが、すべて、このようなパックに入っています。これは、エチレンオキサイドガス滅菌という処理がなされたものです。「消毒」「殺菌」ではなく「滅菌」です。極めて清潔に処理されたはりがパックに入っていて、外部に接触しないようにできています。治療直前にパックからはりを出して使用しています。

「使い捨てはり」と「滅菌されたはり」この2点により、はりを介した感染はほぼ防げると考えられています。

安心して受診していただければと思います。

 

「脊柱管狭窄症で歩けない」という方に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画更新中。

公開日:

年末年始のご案内

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

今朝(12/12)は雨が降っていたので、ランニングを諦め、室内でエアロバイクをしていました。BGMはクリスマスソングで冬雰囲気だったんですが、20分ほどで汗が流れてくる感じは全く冬じゃない!ホント、暖かい冬ですね。

さて、話は変わりまして・・・

年末年始の診療・休診のご案内です。

年内は12月30日(土)が最終診療です。17時終了です。

年始は1月5日(金)から診療いたします。

よろしくお願いいたします。

今年も残すところ僅かとなってまいりましたが、体調にはくれぐれもお気をつけて、特に、年末の掃除で腰や首を痛めないよう、お気をつけください。

 

お正月に向けての体調管理に、

「はり治療の予約」「あんまの予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

公開日:

【鍼灸師・鍼灸学生対象】2024年1月22日 反応点治療関西実技講習会オンライン受講無料

おはようございます。

かずひら鍼灸院の吉田和平です。

2024年度の鍼灸 反応点治療関西実技講習会の詳細が決まりました。

少しこの勉強会についてご説明させていただきますと・・・

一般社団法人反応点治療研究会が主催しています鍼灸師・鍼灸学生対象の勉強会です。2か月に1回定期開催していますので、勉強会で学びそれを日頃の臨床や練習で行い、そこで得た成功や疑問を持って、次回勉強会でさらに学ぶ。というサイクルでステップアップすることができます。

神経学に基づく治療理論ですので、学びやすいかと思いますし、患者さんへの説明も行いやすく共感も得やすいです。臨床で即実践できる内容の勉強会です。

午前中は講義、午後からは実技の2本立ての勉強会で、午前中の講義のみオンライン受講が可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年度1回目が1月22日(日)に開催されます。

そして、1回目のみ、午前の講義のオンライン受講が無料となります。

反応点治療に興味がある。興味があるけど、遠方のため現地参加ができない。今、臨床で困っていることがある。学校卒業後即開業できる技術を学びたい。などなど、そのような方は是非一度ご参加してみてください。

そして、オンライン受講にお申込みいただきますと、その後1か月間、録画講義を視聴して頂くことも可能です。何度でも復習して頂けますし、当日参加ができない方も後日ご覧いただけます。

オンライン受講お申し込みは以下よりお願いいたします。

【無料・録画配信あり】鍼灸「反応点治療」の実技講習会(2024年度 第1回)講義のみ | Peatix

 

 

 

公開日:

自律神経が働く目的は

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

最近、「今年最後の〇〇」というフレーズをよく見かけますが、さすが12月!年末ですね。この時期、憂鬱なのが忘年会・・・

あっ、心の声が漏れちゃった。大勢での食事に行くと、誰と何を話したらよいかわからず、結局一人ポツンとなるか、適当に相槌をうつかになってしまうんですよね。忘年会に行く度、自分の社交性?コミュニケーション能力の無さにうんざりします。

さてさて、話は変わりまして・・・

今日は、「自律神経の働き=生命維持」というお話をしてみたいと思います。

自律神経って、交感神経と副交感神経があって、交感神経が働くと心身は緊張状態になり、副交感神経が働くとリラックス状態になる・・・なんて話が多いですが、それが間違いだとは言いませんけど、自律神経の働きの最大の目的は「生命維持」なんです。暑い夏でも寒い冬でも、地上でも飛行機で空高く飛んでも、寝ていてもダッシュしても、そんな状態でも体の状態を一定範囲内に保つこと。これが最大の目的なんです。ですので、自律神経の働き=精神的な働き ではありません。

ちょっと話がそれましたが・・・

例えば、マラソンをしている時をイメージしてみてください。

筋肉が動き続けているので、筋肉への血流量を増やして酸素をたくさん届けなきゃいけません。というわけで、筋肉内にある血管は拡がり、血流量が増えます。では、増える分の血液をどこから持ってくるのか?実は、筋肉内の血流量が増える際、皮膚の血流量が増えない(減る)ことがわかっています。恐らく、筋肉内の血流量を増やすために、皮膚血流量を減らしている可能性があります。

すごい仕組みですが、しかし、ここで一つ問題が生じます。

筋肉内の血流量が増えるということは、筋肉内の温度が上がるということなんです。その熱を逃がさないと、筋肉内温度が上がりすぎて組織損傷を起こしてしまうかもしれません。熱を逃がすためには、皮膚の血流量を増やし、そこから放熱しなければいけません。

走り続けるために皮膚血流量を減らし筋肉内血流量を増やす。しかし、筋肉内の熱を逃がすために皮膚血流量を増やさなきゃいけない・・・という矛盾が生じるんです。

この矛盾をどうやって解決するのか?

それが「汗」なんです。

皮膚血流量を増やすことで放熱するのではなく、汗を出すことで放熱するんですね。

そして、上記一連の流れを行うのが自律神経の1つである「交感神経」なんです。

こんな風に、自律神経はどんな状況でも体の状態を一定範囲に保つために働いています。やはり最大の目的は生命維持なんです。

最近、寒くなってきましたが、私、早朝ランニングをすると汗が出ます。おぉ~しっかりと自律神経が働いてくれてる!

 

 

「中途覚醒、寝汗がひどい」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

公開日:

自律神経のバランス

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

12月にはいり、冷え込んできましたね。さすが12月!寒いですけど、朝のピリッとした雰囲気、嫌いじゃないです。

さてさて、話は変わりまして・・・

本日は「自律神経のバランス」というお話です。

自律神経には交感神経と副交感神経があって、交感神経が働くと体は緊張状態、副交感神経が働くと体はリラックス状態になると、よく言われています。が、このお話は、自律神経をわかりやすく説明するために、簡略化しすぎた結果、本来の自律神経の働きとはかけ離れた説明になってしまっています。(と、私は思います)

でも、今回は、そういうお話をしたいわけではないので省略!

自律神経(交感神経と副交感神経)は時々、車のアクセルとブレーキに例えられます。交感神経=アクセル、副交感神経=ブレーキですね。

アクセルを踏むと、車は当然加速します。ではアクセルを踏むのをやめると?車は同じスピードで走り続けるでしょうか?

答は「やや減速する」ですね。

ブレーキを踏まなくても、アクセルから脚を離した瞬間からやや減速します。

実は、自律神経のバランスにもこれと似たようなことがあります。

例えば、交感神経の働きが高くなっていて、その働きが低下した場合。副交感神経の働きは何ら変わっていなくても、交感神経の働きが低下することで、バランスがとれたようになります。見方によっては副交感神経の働きが高まったように見えるかもしれませんね。

「体をリラックスするために副交感神経を優位にしなきゃいけない」というようなことがよく言われていますが、大原則として、自律神経は自分の意思でどうこうできるものではありませんし、そもそも生命維持のために働く神経ですので、体(心?頭?)が緊張してようがリラックスしてようが、働いてくれているわけです。

体をリラックスさせる→そのために副交感神経を優位にする・・・という発想よりも、交感神経が過剰に働かない状態を作る→交感神経反射が起こる原因を解消する・・・という発想が大事なように思います。

それには、風邪予防や暴飲暴食予防、内臓不調の改善などが重要になってくるのではないかと思います。

それでは今日はこのあたりで失礼します。

素敵な週末をお過ごしくださいね。

 

まだ間に合う!年末年始に向けての体調改善。

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

 

公開日:

保険適応でのはりきゅう治療

当院ホームページをご覧くださりありがとうございます。

今回は、保険適応でのはりきゅう治療についてご案内いたします。

まず、いくつかの条件に合致すれば、保険適応ではりきゅう治療を受けていただくことも可能です。保険適応の場合の費用は、負担割合や治療内容、往診の有無よっても異なりますが、およそ1000円以下/1回です。

 

条件①「保険適応となる症状(病名)が決まっている」

・神経痛

・リウマチ

・五十肩

・腰痛

・頸腕症候群(首肩腕のしびれや痛み)

・頸椎ねんざ後遺症(むちうち)

・その他(慢性病であり医師による適当な治療手段のないもの)

上記に該当される場合は、保険適応の対象となります。

 

条件②「医師の同意書」

保険適応でのはりきゅう治療を行うためには、医師から「はりきゅうで治療してもらってください」という同意書が必要となります。かかりつけ医などで同意書をいただく必要があります。(内科でも整形外科でも結構です)しかし、私の経験上、同意書を書いてくださる医師は少ないです。もし、同意書のことでお困りであれば、当院へご相談ください。お役に立てるよう尽力いたします。

上記の2つの条件に該当される方は、保険適応ではりきゅう治療を受けていただけます。

また、これも医師の同意が得られれば、往診費用も保険適応となります。(歩行困難な場合など)

 

保険適応とならない場合といたしまして、以下のようなケースがあります。

・急性症状(ぎっくり腰や打撲など)

・単に慰安や疲労回復目的の場合

・病院にて必要な検査を拒否される場合(医師の同意書が得られません)

・同一病名で、病院や接骨院を受診されている場合。(例えば、五十肩で整形外科に通いながら、保険適応で五十肩のはりきゅ

 う治療を受けることはできません。腰痛で整形外科に通いながら、保険適応で五十肩のはりきゅう治療を受けることは可能で

 す)

 

最後になりましたが、私の想い・考え方をお話させていただきます。

保険を使えば、治療費が安いからイイでしょ?保険を使えば患者さんの数が増えて儲かるんでしょ?と、そのような記事をインターネットで見かけたり、実際に言われたこともあります。

しかし、私が目指したいのはそんなことではありません。

私は常日頃から、患者さんにも当院スタッフにもよくお話しています。「体は治療よりも管理が大事」だと。体のどこにも痛みがなく、自由に動き回れて絶好調!そんな体は理想ですが、日々使っている体ですから、なかなかそういうわけにもいきません。でも、「まずまず動ける体」は目指せるし、そうなれるんです。そのために「症状がひどい時の治療」よりも「日頃からの手入れ=管理」が大事なんですね。特に、長年続いている慢性症状に対しては、絶対に管理していくことが大事です。

とは言うものの、「何回かはりきゅう治療を受けて、痛みも減ってきた。はりきゅう治療が自分に合っていることもよくわかっている。だから、このまま治療を続けたいんだけど、治療費と行き返りのタクシー代が負担で・・・申し訳ないけど続けての治療を諦めます」ということが過去に何度かありました。

せっかく良くなってこられてたのに・・・もうちょっと症状改善したら、歩く距離がのびて近所に買い物に行けるようになったかもしれないのに・・・そんなことを考えると、くやしいんです。でも、正直、お金のことは私にはどうすることもできません。

だから、せめて、条件が合致する方だけでも、保険適応でのはりきゅう治療を提供できるようにしたい。症状で悩まれている方の治療選択肢の1つになればいいな。そう思いました。

はりきゅう治療に保険適応できる場合があるということをご存知でない方もいらっしゃると思いますので、今回ご紹介させていただきました。ご参考にしていただければ幸いです。

保険適応でのはりきゅう治療に関しまして、ご質問などございましたら、このホームページからでもオフィシャルLINEからでもご連絡いただければお答えさせていただきます。

←LINE ID @huc6048b

 

公開日:

飲酒にまつわる誤解

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

昨夜、めまい研究のオンラインミーティングに参加していました。はりきゅう治療が平衡感覚失調(めまい)に有効であることを科学的に証明するため、チームを作って実験&分析を行っています。先日届いた学術誌にも、別チームの研究が紹介されていました。もっともっとめまいの研究が進めば、原因不明の体調不良の改善も期待できるのではないかと思っています。

さてさて、話は変わりまして・・・

11月も終盤、そろそろ忘年会シーズンですね。

先日、厚生労働省が、「純アルコール量」で健康へのリスクを示した「飲酒ガイドライン」の案を、専門家で作る検討会で取りまとめました。

それによりますと、生活習慣病リスクを高める飲酒量は、純アルコール量で、1日で男性40g以上、女性20g以上、摂取した場合だそうです。アルコール度数5%のビールだと、500mlで純アルコール20gになります。

この量を多いと考えるか、少ないと考えるかはさておき、飲酒にまつわる誤解を今日はお話してみたいと思います。

まずは「飲酒時に水を飲めば、酔いにくい」

実は、そんなことはないんです。お酒と一緒に水を飲めば、血中アルコール濃度が下がるから酔いにくい、というような情報もありますが、科学的には証明されていないようです。

次に「飲酒後に水をたくさん飲めばアルコール分解が早まる」

これも誤解なんですね。確かに、体内のアルコールは尿や汗からも排泄されます。が・・・ごくごく僅かです。アルコールの大部分は肝臓で分解されるため、水分をたくさんとったからといっえ、分解が早まることはありません。

ここ数年、アルコール性肝疾患での死亡者数が増加しています。その反面、日本全体でのアルコール消費量は減っています。ここから言えることは、飲む人と飲まない人の差が拡がっているということですね。(一部の多量飲酒者のアルコール消費量が増えているという分析があります)

と、なかなか深刻な状況もあるようですが、あくまで飲みすぎず、適量で楽しみましょうということだと思います。

 

 

「めまい・耳鳴り」に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

 

公開日:

Prev 2 3 4 5 6