かずひら鍼灸院

姫路 ダイエット はりきゅう かずひら鍼灸院

*

「 かずひら日記 」 一覧

運動と血圧

こんにちは。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

最近、松本清張の「黒革の手帖」を観ています。そろそろクライマックスに差し掛かる頃、今後の展開が楽しみすぎます。自宅で観ていたら、恭子先生が「それ面白そうやなぁ」と言ってきました。おぉ~、ドラマの趣味が合うなんて、結婚して以来初めてなんじゃないか??と思います 笑

 

さてさて、話は変わりまして・・・

今日は「運動と血圧」のお話です。

血圧が高いから運動を始めてみようか、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんので、何らかの参考になれば嬉しいです。

まず、運動中の血圧は・・・実は上がります。(この場合の血圧とは動脈圧のことです)

運動→筋肉を動かす→筋肉にしっかりと酸素供給をしないきゃいけない→筋肉への血流量を増やす→動脈圧が上がる。と、こんな仕組みです。

そして、この仕組みには自律神経の1つである交感神経の働きが関わります。

この仕組みは、運動強度が強くなればなるほど起こりやすいと言われています。

ですので、普段の血圧が高めの人が、急に激しい運動をすると危険なんですね。

一方で、運動後は血圧が下がります。

急激に血圧が下がり、それにより体調不良を訴える場合もあります。マラソンのゴール後、急に止まってはいけないという理由がこれなんですね。

運動は徐々にその強度を下げていく方が、急激な血圧低下は起こりにくいんです。

ですので、例えば、ウォーキングであれば、そろそろ終わりにしようかなという少し前に、歩くペースを下げていき、最後にちょっとした体操やストレッチで終える。というのが理想的かもしれませんね。

寒くなってきて血圧が高くなってきた。血圧の為に運動を始めてみようかな、という方もいらっしゃると思いますが、ぜひ健康に、運動をしてくださいね!

 

めまい・ふらつきには「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←Instagramにて毎日1分動画アップ中。

 

公開日:

実は・・・

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

11月10日から「姫路しらさぎ商品券」の利用期間が始まっております。当院ではデジタルタイプも紙タイプもご利用いただけます。デジタルタイプのご利用操作は難しくもなく時間もかかりませんので、使い方がわからない場合でもお気軽にスタッフにお声がけください。

 

さてさて話は変わりまして・・・

 

今日は「交絡因子(こうらくいんし)」というお話をしたいと思います。

交絡とは、原因と結果の両方に影響を及ぼすもののことです。という説明を私は以前に受けたのですが、なんのこっちゃ??という感じで理解できませんでした。

 

例えば、「喫茶店に行く頻度が多い人ほど肺がんになりやすい」という研究データがあったとします。これだけ見ると、肺がんになりたくないから喫茶店に行くのはやめようとなるかもしれませんが、実は、喫茶店に行く頻度が多い人は喫煙率が高かった、という事実があったとしたら・・・そうです!「喫茶店に行く→肺がん」ではなく「喫茶店に行く→たばこを吸う→肺がん」という図式だったわけです。この場合の「たばこを吸う」が「交絡因子」というわけですね。

 

この交絡因子を見落とすと、物事の解釈がとんでもなく間違ったものになってしまうんですね。

 

例えば「このサプリメント飲んでいる人は血圧が低い」という場合、交絡因子として「運動している」ということが隠れている場合も考えられますし、「運動している人ほど変形性ひざ関節症になりやすい」という場合「肥満」という交絡因子が隠れているかもしれません。

 

そんな風に物事を見てみるのもちょっと面白いなぁと最近感じています。

 

カメムシが多い年の冬は大雪が降る・・・と聞きましたが、そこにも交絡因子があるかもしれませんね。

 

 

「坐骨神経痛で歩けない」そんな症状に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

公開日:

めまいとストレス

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

急に寒くなって、秋を通り越して冬のような感じもしますね。今朝、治療室にファンヒーターを置きました。寒いですが、私、早朝ランニングを短パンでやっています。特に理由はないですけど 笑 で、いつも同じ公園を走っているんですが、もう一人短パンのランナーが!!おぉ~、どちらがいつまで短パンでいけるか勝負ですね。って、なんの勝負やねん!?

 

さてさて、話は変わりまして・・・

 

めまいやふらつきの原因の1つに三半規管(耳の中)のむくみや炎症があるというお話はこの日記でも幾度となくお話してきました。じゃあ、なぜ三半規管にむくみや炎症が、特にむくみが起こるのか?というお話を今日はしてみたいと思います。

 

これは、原因の1つとして考えられていることであって、今からお話することが原因のすべてではありません。

 

体内で分泌されるホルモンの1つにバゾプレッシンがあります。このホルモンは抗利尿ホルモンと言われ、腎臓に働きかけ、本来尿として排泄される水分の再吸収を促し、尿量を減らし体内の適度な水分量を維持する働きがあります。というと何だか難しく感じてしまいますが・・・夜寝て朝目が覚めるまでトイレに行かなくて済んだ、これは、バゾプレッシンが分泌されることでおしっこが作られにくくなったからなんですね。暑い夏におしっこに行く回数が減るのは、汗で水分が奪われるため、バゾプレッシンが作用し、おしっこの量を減らし体内の水分量を維持するように働くからなんですね。

 

このバゾプレッシンですが、ストレスがかかった時に分泌量が増えることがわかっています。上記でもお話しましたが、バゾプレッシンの分泌が増えると、体内の水分量(体液量)が増えます。それがきつかけとなり、三半規管のむくみが起こるのではないか?ということが言われているんですね。

 

体内の水分量が増えたら三半規管のむくみが起きるのか?という疑問はありますが、マウスを使った実験でそのような結果が考えられているようです。

 

めまいやふらつきを改善するためには、ストレスを軽減させることも大事。なんてことは、本やインターネットにたくさん書かれています。それを見るたび私は思う・・・いやいや、めまいとかふらつき自体がストレスの原因になっているんだよ!と。

 

三半規管由来のめまいやふらつきは、とにかく三半規管の水分代謝を改善することが大事なんだろうと私は考えています。むくみを改善するにも炎症を改善するにも、とにかく代謝(循環)の改善は欠かせないと。鍼灸治療で患者さん個々のストレス解消はできないかもしれないけれど、三半規管の水分代謝促進はできるだろうし、それによりめまいやふらつきに改善傾向が見られれば、それがストレス軽減にもつながると思います。

 

めまい、ふらつき、あきらめず一緒に治療してみませんか?

 

 

めまい・ふらつきには「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

 

公開日:

肉離れからの回復期間

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

先日、自宅で卵かけごはんを食べていたら、息子が「美味しそう~、おれも食べようっと」とか言いながら冷蔵庫から卵を取り出そうとしたんです。そしたら、恭子先生が「手前の卵は古いから奥から取って」と言っているじゃないですか!!私の時は何も言わなかったのに・・・可愛い息子には新しい卵を食べさせて、血のつながりがない旦那には古い卵を食べさせるという悲しい現実がそこにありました 笑

 

さてさて、気を取り直して・・・

 

今日は「肉離れ」のお話です。

 

筋肉が過度に引き伸ばされたときに筋肉や筋膜、腱に損傷が起きたものを通称「肉離れ」と言います。スポーツの最中に起こるというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、日常生活の中でも、例えば中腰で荷物を持った時の太もも裏や、小走りしたときのふくらはぎなんかに起こることはあります。

 

筋肉が過度に引き伸ばされたときという表現をしましたが、筋肉が縮みながら引き伸ばされる「遠心性収縮」の時に肉離れは起こりやすいです。(重いものを持ったまま耐えるとか、下り坂を歩いている時にスピード調節をするために太もも前に力が入っている時など)

 

この肉離れ、重症度により3分類されます。

 

1型が軽症で、内出血を伴うこともありますが、日常生活やストレッチで軽い痛みがある程度のものです。2型は中等症で、ストレッチで明らかな痛みがあり、下肢の場合、歩行時に明らかな痛みがあるものです。肉離れではこの2型が多いと言われています。3型は重症で、MRIで腱断裂などを認めるものです。ここまでなると、手術適応の可能性があります。

 

というような3分類なんですが、軽度の1型であればある程度回復するまでに2週間ほど、中等症の2型で6週間、という目安があります。

 

私もサッカーをしていたので、肉離れの経験は多数ありますが、受傷して、2数間ほどで痛みってなくなることが多いんです。しかし、先ほどお話した通り、中等症がある程度回復するまでには6週間かかります。ということは、痛みがなくなったからと言って、患部が回復しているわけではないということなんです。よく、「肉離れは繰り返す」と言われますが、それは、痛みがなくなった時点で患部に負荷をかけてしまうからなんですね。

肉離れがどれくらい回復したかは、関節を動かせる角度や、ストレッチ痛の度合いなどで確認する必要がありますので、自己判断せず、治療家に任せてください。

 

スポーツの秋、年末に向けてのバタバタ、で肉離れの危険性も多くなってくると思いますので、無理な姿勢や過度な負荷を避けるようお気をつけください。

 

「肉離れ」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画更新中。

公開日:

阪神優勝

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

阪神タイガース優勝おめでとう!!

阪神の優勝も良かったですが、今回の日本シリーズでオリックスの選手名もかなり覚えたので、来季はオリックス戦も楽しめそうです!

 

さてさて、話は変わりまして・・・

 

昨日、久しぶりに1人ハーフマラソンをしました。ホント、久しぶりすぎて走り切れるかさえ不安でしたが・・・まぁ、飽きたら途中で切り上げたらいいかぁ、という程度の感覚でできるのが1人ランニングの良さですね。途中、姫路城の写真を撮ったりしながらのんびり走っていたら無事完走できました。マラソン後のコーヒー&アーモンドトーストが美味しすぎました!!

早朝の姫路城。

今週末はお城まつりだそうです。

しらさぎ商品券、デジタルも紙もご利用いただけます。

 

 

めまい・ふらつきには「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画更新中。

 

 

 

公開日:

痛みがひどくなるのは

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

最近、ほぼ毎日近所の神社にお参りに行っています。お参りに行くと感謝の気持ちが生まれる。ということを以前教えていただいたんで、早朝ランニングついでというと怒られそうですが、とにかくお参りをしています。で、感謝の気持ちが生まれたか!?これがねぇ、感謝の気持ちと言っていいのかどうかはわかりませんけど、例えば、駅に着いたらちょうど電車が来た、とか、祭りが終わって疲れたけど風邪ひかなかったとか、ちょっとラッキーなことがあると、お参りのおかげだなという感謝するようになってるんです。先日のビンゴ大会では14等が当たって、おぉ~、これもお参りのおかげか!と思ったんですが、なんで1等ちゃうねん!?とも思いました。たぶん、こんなヤツにはそのうち御利益もなくなるんだろうと思います・・・

 

さてさて、話は変わりまして・・・

 

以前にも日記でご紹介したような気もするんですが、まぁ、どちらにしろもう一度お話しようと思います。

 

例えば、腰が痛い。痛いまま我慢して何か用事をしたら、あれ?お尻とか太ももまで痛くなってきた気がする。こういう経験されたことってないですか?腰で例えましたけど、肩が痛くてそのうち肘まで痛くなってきた、とか、ひざが痛くてそのうち足首辺りまでいたくなってきたとか。

 

痛い部分をかばっているから他の部分に負担がかかったという可能性ももちろん考えられますが、もうひとつ重要な可能性があります。

 

それが「ポリモーダル受容器の感作」です。

 

すいません、専門用語を使いましたが、わかりやすくお話いたしますので、引き続きお付き合いください。

 

まず、ポリモーダル受容器って何?ということなんですが、外部から体に加わる刺激を受け取るためのセンサーのことです。このセンサーにはいくつか種類がありますが、腰痛やひざ痛や神経痛など体の痛みには、このポリモーダル受容器が深く関わっています。

 

先ほどの腰痛でお話いたしますと、腰を曲げ伸ばししたときに痛みを感じるのは、筋肉が伸び縮みすることで、腰にあるポリモーダル受容器が反応した結果なんですね。

 

次に「感作」ですが、これは、繰り返される刺激により、それに対する反応が徐々に大きくなることです。またまた腰痛でお話いたしますね。腰を動かしたときに痛む→腰のポリモーダル受容器が反応しているということは先ほどお話いたしましたが、痛いまま腰を使い続けると、徐々にポリモーダル受容器が反応しやすくなる。そして、反応するポリモーダル受容器の数が多くなる。これが「感作」です。

 

感作が起こった結果・・・感じる痛みが強くなる、痛みを感じる範囲が広くなる、今まで痛まなかった動作でも痛みを感じるようになる、というようなことが起こるんですね。

 

「これぐらいの痛みだったらまだ大丈夫だろう」と我慢してしまう気持ちもよくわかりますが、感作が起こる前に治療することも大事ですね。できれば早めの治療をおすすめいたします。

 

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

 

足のしびれと痛みで歩けない。そんな症状に「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINEでのご相談も承ります。ID @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画アップ中。

 

公開日:

【めまい】内耳の炎症はどうして起きるのか?

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

先日火曜日は、11時に院を抜けさせていただき、勉強会に参加してきました。今回は、鍼灸勉強会ではなく、経営勉強会ということで、異業種経営者が1200名集まる勉強会に参加してきました。経営には、現場目線の虫の目、高いところから全体を見渡す鳥の目、川の流れを読むように時代の流れを感知する魚の目、この3つの目が大事ということを教えて頂きました。今、自分がどの目を使って何を見ようとしているのか?これを自覚することが大事なんじゃないかと、そんなことを思いました。

 

さてさて、話は変わりまして・・・

 

めまいやふらつきの症状で、病院で色々検査をしたけどこれといった原因がわからないということはよくあります。その場合、考えられる可能性は「内耳」の不調です。耳の中にある内耳に炎症やむくみが起こることで、平衡感覚(バランス感覚)に不調をきたしている可能性があります。

 

というような話を患者さんにさせていただくと、「内耳の炎症ってどうして起きるんですか?」という質問をいただくことがあります。本質を突いた素晴らしいご質問!

 

しかし、すいません・・・その原因は未だはっきりとはしていません。

 

可能性ということでお話させていただきますと・・・恐らく、ウィルス感染かと考えています。ウィルスが耳の穴から侵入してくるということではなく、鼻や口から侵入したウィルスが鼻粘膜に炎症を起こし、それが内耳にまで波及する可能性があるということです。解剖学的に見ると、咽頭(のど)と中耳は耳管という管でつながっています。

 

話は脱線しますが、コロナウィルス感染の後遺症で、めまいや聴覚障害が起きるのも、上記の感染経路により、内耳に障害が起きたものとする論文がいくつも発表されています。

 

私は、めまいの患者さんをちりょうさせていただくことがよくありますが、その時に着目するのはやはり、耳と鼻です。

 

耳は水の代謝が非常に遅い部分だと考えられ、不調の改善には時間がかかりますが、はりきゅう治療でめまい改善は可能な場合も多いです。自宅でのセルフケア方法もお伝え出来ますので、お困りの方は一度ご相談ください。

 

「めまい・ふらつき」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画更新中

公開日:

パーティー

おはようございます。めまい・不眠。雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

土曜日の夜、何気なく見始めた録画ドラマに夢中になってしまい、気づけば5話まで一気に見ました。日頃、集中してTVを見ることがないので、さすがに疲れました 笑 面白いなぁ、「はやぶさ消防団」・・・もう結構前に最終回を迎えたドラマだと思うんですが・・・笑

 

さてさて、話は変わりまして。

 

私の母校「神戸東洋医療学院」にはOB会があります。天馬会と言います。その天馬会が創立20周年を迎えたということで、一昨日、祝う会が開催されました。あまりOB会の仕組みも理解できていない私ですが、お誘いいただいて実行委員をさせていただきました。え?パーティーを企画するんですか?それはめちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!?というノリで。

 

昨年末くらいから、会議や準備を重ね、そして、昨日が本番。久しぶりに同期の先生に会えたり、学校の先生と懐かしいお話をしたり、豪華景品が当たるビンゴゲームをしたり、芸人の矢野兵頭さんのステージがあったりと、楽しいパーティーとなりました。

矢野兵頭さんのステージは、会場大爆笑でした!さすがプロ!

そしてビンゴゲームでは、ヨギボーが当たりました!

 

という盛大なパーティーだったんですが、私が嬉しかったのは、色々な方とお話できたことかなと思います。初対面の先生から「ブログ読んでますよ」とお声をかけていただいたり、数年前に何回かお会いしたまま疎遠になっていた先生から「お久しぶりです」と近況報告をいただいたり、学生当時にお世話になった先生とお話したりと、ホント楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

神戸東洋医療学院とOB天馬会の益々のご発展を願っています!30周年楽しみにしてます!

 

脚のしびれ・痛みに「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

※当日のご予約はお電話の方がお受けしやすいです。

←インスタグラムにて毎日1分動画投稿中。

 

 

公開日:

交感神経が働く=悪なのか?

こんにちは。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

先日、丹波の黒枝豆を食べました。これぞ秋の味覚!

 

さてさて、今日は「交感神経が働く=悪いことなのか」というお話をしたいと思います。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあって、交感神経が働くと体は緊張状態になり、副交感神経が働くと体はリラックス状態になるから、できるだけ副交感神経を優位にしましょう・・・というようなお話は世間一般に多いと感じます。

 

そもそも、自律神経が働く最大の目的は「生命維持」です。生命維持のために、できるだけ内臓諸機関の働きを一定幅に保つこと。これが自律神経の役割です。生理学用語では「恒常性の維持」と言われる働きです。これがあるからこそ、私達は、夏でも冬でも体温はある程度一定に保たれるし、毎日排尿もできるし、激しい運動をすれば勝手に心臓の働きが高まるんですね。

 

という、生命維持のために働く自律神経ですので、自分の意思で副交感神経を優位に働かせることはできません。そう、できないんです。いやいや、大好きな温泉につかっている時は、リラックスしているから副交感神経が働いているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、その時でさえ、体温が上がりすぎないように、汗腺を拡げ発汗を促し、放熱させているのは交感神経の働きなんです。お風呂につかって「あぁ、気持ちいいなぁ」っていうのは、副交感神経うんぬんのお話ではなく、気分のお話なんですね。

 

話が逸れましたが、このストレス社会において、「副交感神経を優位にしよう」というお話は本当に多い!それ自体、生理学的には無茶苦茶的外れなお話だということは先ほど書きましたが、それにしても、交感神経が働く=悪、副交感神経が働く=良、というお話が多すぎやしませんか?と思うわけです。そんなに交感神経を悪者にしなくてもいいんじゃないかと。

 

私は、交感神経の働きで、興味深いことがあります。

交感神経は、筋肉(腕や足を動かす骨格筋)にも分布していることがわかっています。内臓にだけ分布しているわけじゃないんですね。この筋肉に分布する交感神経の働きは、未だ明らかにはなっていませんが、筋肉が疲労したときにその働きが増すことがわかっています。恐らく、筋肉が疲れてもある程度力を出せるように、交感神経が調節しているものと考えられています。別のお話ですが、筋肉に分布する交感神経の働きは、加齢とともにその働きが増すこともわかっています。加齢とともに筋肉量が減っても、力を出せように交感神経が働いている可能性が示唆されています。

 

お~、交感神経って、めちゃくちゃ重要な働きをしているじゃないですか!?

 

ということで、交感神経が働く=体や精神の緊張だから悪。ではないんですね。

 

それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

只今、サッカーJ1ヴィッセル神戸が試合中。Jリーグ優勝に一歩近づくか!?

 

 

「めまい・ふらつき・集中力低下」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b (症状のご相談もお気軽にどうぞ)

←インスタグラムにて毎日1動画更新中。

公開日:

鍼灸師・鍼灸学生対象 鍼灸実技講習会(11月12日)

おはようございます。めまい・不眠・雨降る前の体調不良など自律神経症状治療「かずひら鍼灸院」の吉田和平です。

 

最近、キンモクセイの香りに癒されています。数年前に比べると香ってくる時期が遅くなった気がしますが、それでも今年もいい香りがしていますね。

 

今日は、鍼灸師・鍼灸学生向けのご案内がひとつ。

 

11月12日(日)に一般社団法人反応点治療研究会主催 関西実技講習会を開催いたします。(はりきゅう治療の勉強会です)

 

今回は、めまいや気象病を含む「不定愁訴」について学びます。午前中は講義、午後からは実技という充実した内容です。私は毎回スタッフ参加していますが、講習会が終わるころには、ちょっとぐったりするくらい疲れます。逆に言うと、それだけ学びや気づきが多いということだと感じています。

 

この11月講習会が今年度最後の講習会となります。初めての方のご参加も大歓迎です。(毎回、治療基礎理論の講義はありますし、実技も習得レベル別に分かれて行いますので安心してご参加ください)

 

以下、講習会詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸講習会 定期開催による「 学ぶ→ 実践→ さらに学ぶ 」のサイクルで知識・技術習得!
 
 関西実技講習会
痛みはどのように出現するのか? 自律神経とは? 内臓疾患に対する鍼灸治療はどのように行えばよいのか?
鍼をすると体にどのような反射が起こるのか?など、毎回テーマを変えながら、2か月に1回、講習会を開催しています。「鍼灸治療を解剖学的・生理学的に紐解いていく」そんな講習会です。午前は講義・午後は実技の2本立てで、実技は習得レベルに合わせて指導するので、初めての方や学生さんも安心してご参加いただけます。
 
第6回 11月12日(日) 気象病や不定愁訴に対する反応点治療
※初参加の方も第6回からご参加していただけます。
 
<午前の部> 10:00~11:30 反応点治療の概論・各テーマ別の「講義」
<午後の部> 13:00~16:00 反応点治療の「実技」
 
【会場】ミントはり灸院 (JR六甲道駅より徒歩3分・神戸市灘区森後町3丁目1-5-201号)         
 
【対象者】 鍼灸師・鍼灸学校の学生
 
【参加費】 鍼灸師 7,000円 / 学生 5,000円 (午前+午後 1回分の金額です。当日会場にてお支払い下さい)
 
【持ち物】 鍼灸道具(普段使っているもの)・スリッパ・筆記用具。
     服装は自由、ラフな格好で結構です。
 
【お申し込み】 以下のURLよりお申込みをお願いいたします。
       https://forms.gle/ad6NLHc9sW7S243z7
        反応点治療研究会のホームページからもお申込みいただけます。
 
 
午前の講義のみ オンライン受講も可能です
申込者は、1か月限定でアーカイブ視聴も可能です。当日参加が無理な方も、録画を後でご覧頂けます。
反応点治療を知りたい方、会場での参加が難しい方、日時の都合が合わない方、
右QRコードか、下記サイトURLよりお申し込みください。
 
【オンライン講習費】 鍼灸師2,000円 / 学生1,000円  
【お申し込み先】 https://hannouten.peatix.com/

以上です。

 

 

「頭痛・めまい・耳鳴り」には「はりきゅう治療」

「はり治療の予約」とお電話ください。

☎079-245-3552

LINE @huc6048b

←インスタグラムにて毎日1分動画更新中。

公開日:

Prev 3 4 5 6 7